裏ゆに:いいねいいねー

【公式】サイトもどうぞよろしく グラフィックファシリテーション.jp

陳述書

時効が切れる直前に結局提出したものは

時効が切れる直前に結局今日提出したものは、、二転三転し
【催告書】+「内容証明」(←これ大事らしい)となりました。

これ ↑「時効が6カ月中断する」という手続きだそうで、、、
つまり、今日で終わり、とはいかず、「つづく」となりました(;一_一)

01

時効が来る前になんとか申立書と陳述書と格闘してきたのに、、、
直前になって弁護士先生に提案され

ゆ「???なんですか?その裏ワザ?」

目がしばし点。

「かなりいい感じで申立書と陳述書(前半だけだけど)
仕上がったんだから出しちゃいましょうよ!」

しかし、先生の先生(←事務所所長の大先生)が
提出直前の申立書にざっと目をとしたところ

「かなり手直しすることになりそうなので
後から修整を送るよりは時効中断のほうがいい
ということになりまして、、、」

「え~?!」

そして時効中断のために
一体どんな書類を送るのかと思ったら
それが上の写真の【催告書】

その出だしがなんと
「時候の挨拶」から始まってた(≧◇≦)

「霜寒の候」って、、、

う(^^ゞ 読めない、、、

正しくは

「そうかんのこう」

と読むそう。

02

「時効を6カ月中断できる」と言われても
6か月の猶予をもらえて嬉しいのは
1年も原稿を寝かせた弁護士先生だけでは…
と正直ヒヤヒヤです。

これまでも、
「時効に完璧な中身の申立書が揃わなくても
 とりあえず提出さえすればいい」とか、
「症状固定(再手術後のリハビリ終了時)から
 3年とカウントしてもいい」とか、そして今回の
「時効中断」? 先生たちには常識でも
私にはすべてが裏ワザにしか思えない…(^^ゞ

でも、もともと鉄道相手には勝てない訴訟。
入院中に9人の弁護士さんに断られて
自分で申し立てをするぞと決めたときに
救いの神として出会った先生方なので、、、

改めて、大事にしたいと思います(^^ゞ

多方面の皆さまに
ご心配いただきましたが(本当にありがとうございます)

実は学びも多く、申立書と陳述書を書き上げる過程で
法律の考え方に照らし合わせると、自分の論点の甘さに気づけたり
文章に赤入れしたところに、本当の問題がくっきりはっきり見えてきたり

全く新しい世界への知的好奇心が刺激されてワクワク
先生の原稿の仕上がりに吠えつつも、
どこかすごく楽しんでいるのも事実です(#^.^#)えへへ

また、この3年でモビリティの世界の技術進化が驚くほど速くて
だからこそ、運輸のあるべき姿への問題意識も
私の中でどんどん進化していて

ただ同時に変わらないのは、
鉄道のせいだけにせず
乗客も持つべき意識・知識も必要という中立な立場で
伝えるべきことを伝えたいという気持ち。

乗る側も運ぶ側も
お互いが明るく握手できる未来に向かって
もうひとふんばり頑張りま~す(#^.^#)

正直、何度も諦めかけたけど
(特に、原稿を1年寝かされたときはさすがに
 勝てない訴訟を無理強いできないし…と
 本当に諦めかけていたけど)

そのたびに、facebookを通して泣きつくたびに
色んな方たちに救われてここまで来れました。
改めてこの場を借りて御礼申し上げます。
そして懲りずに引き続きよろしくお願いします。

時効まで後4日、、、

今日も弁護士先生の原稿に
🖍赤入れしまくってまふ😤
しかもまだ申立書の後半は未完、、、😭

FullSizeRender

「先生、土日も頑張ってもらわないと、
さすがに本当に間に合うのか心配❗️」

と言ったら

先生「土曜は別件でアポが、、、」

ゆ「またこちらは後回し?!
        さすがにそれは!」
先生「これは前から入っていた予定なんで
           ズラせません」
ゆ「……」

1年も原稿を寝かせていた人が
言うことぉぉぉぉ⁉️
こっちだって予定どんだけズラして合わせて
変更してると思ってんのぉ?!
年末進行ぐちゃぐちゃなんだからぁぁぁ😭😭😭

でも先生に書いて貰わないことには
ゴールに辿り着けないワケで、、、

FullSizeRender
結局、心の声として納めて無言で
大先生の原稿を待つ編集者の気分です😩

それにしても今日の赤入れで
一番のショックだったこと。

「申立人」(←わたしのこと)と書くべきところが
「被疑者」と書かれていたこと、、、

せんせ~い!!!
☆新着☆
月別
最新コメント
●ゆに(^o^ )●
職業:グラフィックファシリテーター
趣味:よそ見 より道
blogPHOTO
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • ハドルボウルの目的は子どもたちへのチャリティ
  • 『世にも美しき数学者たちの日常』
  • 『世にも美しき数学者たちの日常』
  • 『世にも美しき数学者たちの日常』
  • 『世にも美しき数学者たちの日常』
  • 『世にも美しき数学者たちの日常』
  • 『地域とゆるくつながろう!―サードプレイスと関係人口の時代―』
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ