裏ゆに:知らなかった~(≧▽≦)いいねいいねー

【公式】サイトもどうぞよろしく グラフィックファシリテーション.jp

ムーミン

本場フィンランドのムーミン博物館から!

親友が、本場フィンランドの
『ムーミン博物館』から
遠路はるばる持ち帰ってくれた
ステキな絵本とチョコレート!

FullSizeRender
わざわざこのコロナ禍に
持ち帰ってくれたお土産なだけに
受け取ったときの
有り難さもひとしおです(T_T)←感涙

そしてこの絵本、開くとさらに感涙!

FullSizeRender

すべてのページに
仕掛けがある~(*´▽`*)

例えば右上の丸い窓。

ページをめくると…

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FullSizeRender

まんまるお月さま(#^.^#)

FullSizeRender

ドアからのぞくニョロニョロは……

ページを戻ると……

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


FullSizeRender

ニョロニョロニョロニョロ
ニョロニョロニョロニョロ~
と大量ニョロニョロでした~

ページ左右に必ずどこかに
穴が空いているので

ページを行ったり来たり(^^ゞ

FullSizeRender

森を抜ける先には「???」

あの玉葱頭であることは明らかだけど

ページをめくると……

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


FullSizeRender

花の扉から黄金のじゅうたんが~(#^.^#)

右のミーが座るドラム缶の下もまた
穴が空いています。

ページをこんな雲形に切る展開も!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FullSizeRender

ページをめくると……

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FullSizeRender

ぴかーーーん☆まぶし~~~~☆☆

毎回予想を超える世界観が広がって
何度めくって見ても飽きないっ!

読めないスウェーデン語も
デザインの一部にも見えてきて

よけいに見入ってしまいます。

(フィンランド生まれのムーミンですが
 この絵本は当時多くの人が使っていた
 スウェーデン語で書かれているそう)

そして、こちら
ライムミルクチョコレート(#^.^#)

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


IMG_9692

箱が、ぜったい捨てられな~い ♪♪♪

というのも、横になんと

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FullSizeRender

(#^.^#) (≧◇≦) (*´▽`*)

FullSizeRender

ムーミン博物館のチョコレート

https://www.muumimuseo.fi/ja/


FullSizeRender



ミルクチョコレート&ライム
シンプルなミルクチョコレートでした。
後からほんのりライムが香る。
美味しかったよー!

ちなみにこちらは
本場『ムーミンワールド』にある
郵便局から投函した手紙には特別に
ムーミンの消印が押されるそう。

ということで、親友が今年2月
極寒ムーミンワールドから
私宛に投函してくれたハガキがこちら。

写真 2020-07-13 22 18 19
よ~く見ると消印にムーミンが居ます。
何気に切手もステキ☆

↓ 本場ムーミンワールドのサイト
https://www.moominworld.fi
動画が楽しい!

しばらく我が家は親友のおかげで
ムーミンワールド💕

ムーミン生みの親トーヴェ・ヤンソンの夏の家

竹中工務店 本社一階@東陽町にて
http://www.a-quad.jp/

画像1

ムーミンの作者
トーヴェ・ヤンソン
夏の家 が見られます\(^o^)/

画像1

彼女はすでに18歳のとき
じぶんの絵日記に
ムーミンを描いていたそう(^.^)

画像1

でも初期のころのムーミントロールは
今のぽっちゃりムーミンとちがって
なんだか細長い生き物でしたσ^_^;

画像1

このお家は晩年のもので
「トーヴェ・ヤンソンは、
最愛の母を失ったあと、
ムーミンは描かないと宣言。

その後、1964年秋(50歳)、
親友のデザイナー
トゥリッキ・ピエティラとともに、

フィンランド湾に浮かぶ
岩の孤島クルーヴ島(ハル)に
手作りの小屋を建て」たのがこの家!

画像1

「1991年(77歳)までの
毎夏を過ごした」とのこと。
元気だな~!

画像1

「孤独は最高の贅沢」という
彼女の言葉が印象的でした。

画像1

~2013年9月30日まで 入場無料
Gallery A4(ギャラリーエークワッド)
(東京都江東区新砂1-1-1)
http://www.a-quad.jp/

そんなに広くはないですが
アニメの流れるキッズコーナーもありました。
ご近所さんはぜひ~(^.^)
記事検索
月別
QRコード
QRコード
●ゆに●
本職はグラフィックファシリテーター®
blogPHOTO
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
最新コメント