裏ゆに:知らなかった~(≧▽≦)いいねいいねー

【公式】サイトもどうぞよろしく グラフィックファシリテーション.jp

パワースポット

足摺岬の不思議!みんな必ず叫んじゃう地球と交信できちゃう場所?!

わたしも叫んでしまいましたー!
足摺岬@高知にて
RIMG0093
太陽に向かって
ただ手を上げているのではありません(^.^)

この見晴し台にあるこの円形の中に立って
最初は山方向へ「あ〜あ〜あ〜」と
声を出しながら歩いて行き

そして海方向へ振り返って再び
「あ〜あ〜あ〜」と声を出しながら
探して歩いているとそのうちに…
RIMG0091
「アアア〜ッ!」
と突然じぶんの声が大きく響くスポットがあるのです。
知らなかったー!!!!

空と?山と?いや、もう地球と反響しあっている感覚です。
だれでもその人のスポットが見つけられます。
そのスポットを見つけた瞬間
手をあげずにはいられなくなるというか
RIMG0092
本当に不思議な体験。どんどん声も出て来るし。
で、気付くと太陽に向かってこんな姿に
だれもがなってしまうそう。

「ゆにさん足摺岬へ行ったら両手拳をあげて
 あ〜〜〜っ!て叫びますよ」と言われて
最初は「?」だったのですが、

もう、これはですね〜
太陽から地球からパワーもらうこと間違い無し!
一度体験してほし〜ヽ(´o`

恐るべし足摺岬。
RIMG0090
↑足摺岬というとよく写真になる灯台ですね。
叫んでいた場所から見えた景色を右から
左へターンしていきます↓
RIMG0083
水平線が180度を超えて270度ぐらいは
見えているのでは?!という眺望。

「ゆにさん星を眼下に見たことありますか?」
「へ?富士山に登ったときに見たかなあ…」
「夜になると水平線のすぐ上にたくさんの星が
 見える(ここからだと見下ろせる)」
 のだそうですー☆
RIMG0088
近くにいくつもホテルがあってどこでも
真っ暗な夜にスターウオッチングツアー
開催してるそう。
RIMG0082
足摺岬って自殺したくなる
怖〜い場所だと思ってたんですけどσ^_^;

美しい海底が見えるその透明度と
美しい地形の絶壁は確かに
飛び込みたくなるぐらい吸い込まれる威力があるのですが
RIMG0081
下を覗き込む以上にですね

ここで自分の声が宇宙ドームのように
じぶんを取り巻いている感覚を味わいながら

両手拳をあげたとき体全体で
太陽の日差しを浴びた瞬間

「今わたしは海山川と、いやいや、もはや
 地球と宇宙と一体化している??!!!」

とハッキリ実感してしまったらもう
上を向いていくパワーしかもらいません。

よく大地とつながるとか
宇宙とつながるとか言うのを聞いては
うさんくさいと思っていた私ですが…
つながってしまいました。。。。
RIMG0055
公式キャラクター「はたっぴー」ちゃんの
車に乗せてもらってパワースポットだらけの
高知西部=幡多(はた)地域を回りましたが

そうそう
こんな素敵なグリーンも見せてもらいました。
RIMG0061
コレなんだと思います〜?
間近で見ても、きれいな緑の絹糸にしか
見えなかったのですが
RIMG0058
「青のり」です。お好み焼きにかけるアレ。
四万十で有名な「あおさのり」とは違います。

アノ(←σ^_^;)青のりが元は
こんなに美しいものだったとは…

一等品は高級料亭などにおさめられているのだそう。
知らなかったー!
RIMG0056
なかなかじぶんたちで観光しているだけでは
河原まで降りていくことないですが
ぜひ車を止めて降りていってみてくださーい。

四万十の満月パワー

仕事で四万十に来ています。
で、ワークショップを終えて
市役所を出たときに見上げた
夜空に…みんなで感動!!!
画像1
今日2014年1月16日は
暦のうえでも満月でした。
画像2
それにしても高知は
パワースポットだらけなようで!

「室戸にある、空海が修行に籠った洞窟。
(そこから見える景色が空と海しかなかったから空海という名に)」
「滅多に見られないダルマ朝日。
近くの宿の女将に最近の日の出時刻を聞いて」
「室戸岬全体がもうパワースポットだから行くだけでも十分」
「五台山の一言地蔵。
ここは絶対行ってほしい。必ず願いが叶うから」
「四万十の沈下橋の上で山に向かって深呼吸」
「四万十の水に手をつけると 洗い流されるよおー」

観光に携わる女性陣たちから力強い発言の数々。
すると男性陣からも。
「いやいや唐人駄馬こそパワースポット」とのこと。

とにかく、確信するのは
そう語るみなさんの言葉にパワーがあって
澄んでてとってもきれいで癒されました(^^)
ありがたやぁ〜ありがたやぁ〜
その美しさにあやかりたい!


記事検索
月別
QRコード
QRコード
●ゆに●
本職はグラフィックファシリテーター®
blogPHOTO
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 隈研吾展
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
  • 草間彌生「オブリタレーション(自己消滅)ルーム」
最新コメント