#PhilippeWeisbecker #Insideapan
#CarpentryTools #Architectures #DailyItems
#フィリップワイズベッカー が見た日本
#大工道具 #たてもの #日常品

image

2020 年 10 月 2 日(金)~ 11 月 20 日(金)
#竹中工務店 東京本店1F
#GalleryA4 #ギャラリーエークワッド

image

鉛筆と定規で描かれた
「鋸(のこぎり)」のポスターに
(大工道具に囲まれて育ったDNAが反応して)
何気なく吸い込まれて出会えた世界にうっとり…

image

#竹中大工道具館 #神戸 が
フィリップ・ワイズベッカーさんに6年前に
館のメインビジュアルとして描いてもらったのが
これらの大工道具だったそう!

image

見惚れます。
鉛筆の線で描き込まれている筆感や
空間デザイン、でっぷりとした感じも
そうなんだけど

image

それ以上に私にとって大工道具は
父との思い出がよみがえる。

毎晩、大鋸屑(おがくず)にまみれて
父は帰ってきたな~とか。
父の手にはいつも棘が刺さっていたな~とか。
おつかいで釘やネジを買いに行かされたな~とか。

特にこの「墨壺(すみつぼ)」
を見た時には!

これに目を付けた
ベッカーさんのセンスにまたシビレタけど。

image

小学生のときに父が
墨壺の使い方を教えてくれな~。

パンッと弾いた瞬間に線が引かれる様子が
マジックみたいで楽しくて
何度も「やってやって」とお願いしたな~。

ただ、無口なザ職人である父は、
現場では相手が小学生であろうが
容赦ないところもあり(^^ゞ

image

フィリップ・ワイズベッカーさんが
「欧米の鋸は押して使うけど
 日本の鋸は引いて使うのが
 アーティストである私にはあっていた」
と動画の中でおっしゃっていたのですが

私は小学2~3年生のころ、父に
「鋸(のこぎり)は引いて使うんだ!」
と指導されたあたりから

素人が安易に触っちゃいけないもの
と思えてきて

image

この「鑿(のみ)」の絵を見ながら

父は大事に研いで丁寧に自分使用に
使いこんでいたことを思い出した。

鑿(のみ)も、鉋(かんな)も、
とにかく使う前も後も
手入れが命なんだと教わったりして

鋸(のこぎり)の「目立て」は
素人には無理だとかって話を聞かされたり

最近コロナでDIY流行りだけど
もはや私にとっては
安易には踏み込めない世界。

使い込まれた大工道具たちには
無条件にひれ伏しリスペクトしてしまう。

image

ただ、神々しいとか畏れ多いというよりも
それはどこか

フィリップ・ワイズベッカーさんの描く
どことなく愛らしくぶきっちょな道具たちのように

私にとっては愛情いっぱいの
温かい世界だから

見惚れちゃうのかな~

フィリップ・ワイズベッカーさん
本当にありがとう。

image

杢目(もくめ)シリーズも秀作!
ずっと見ていても見飽きない。。。

そして杢目(もくめ)もまた
父との大事な思い出がよみがえる。。。

image

小学3年生か4年生のときの
夏休みの自由研究。

杢目について調べたのではなく、正しくは
「板目(いため)」と「柾目(まさめ)」
の性質の違いを調べる、みたいな内容だった。

image

板目=渦巻き状の木目が見える
柾目=木目が縦のライン

柾目は中心部からしかとれないので
板目よりも希少=つまり高価。

(ちなみに杢目とは
 柾目とも板目ともまた違って
 稀に現れる複雑な模様のものらしい)

image

なんてことは、まったく知らなければ
興味もなかった小学生の私は

父に言われるままに自由研究として
水につけると板目と柾目で
どっち方向にどのくらい伸びるか
時間の経過ごとに
定規を当てて測って比較して…

と、最初は
「なんでこんなことやらされてるんだ?」
と思ってたけど

image

木が水を吸うとじわじわと動き出すのを
この目で見た時のあの感動!

この杢目シリーズを見ていたら
思い出した~(*´▽`*)

切断されても
木って生き続けているんだ?!
呼吸をしているんだ?!

という驚きを、あのとき、
手のひらで感じたあの感覚。
あの生きてる感じ、思い出す。

image

最後、たくさん木の断面を描いて
ノートにまとめるときは
本当に楽しくなってた。

それから中学1年生になって
技術の授業で同じ内容が出てきてビックリしながら
(私はすでに知ってることばかり)
と密かに嬉しかったことまで

杢目シリーズを見て思い出した。

フィリップ・ワイズベッカーさん
幸せな時間をありがとー

image


ちなみに会場内で上映していた
フィリップ・ワイズベッカーさんの
フランスのアトリエの様子が
めちゃくちゃステキで
これまた見惚れた~!

YouTubeでも見られます。
道具との向き合い方、
1階のアトリエだけでなく
2階のプライベートのお部屋の
しつらえ、暮らし方のすべてに
見惚れます。

image

期間限定11月20日まで
毎日見て目に焼き付けたい。

image

彼が日本滞在中にみつけて
描いた作品が展示されています。

image


image

私たちにとっては見慣れた
柵やゴミ箱ですらアートになってました。

image

image

畳み部屋の描き方がまたすごかった。

image

image

image

それにしても
「竹中大工道具館」←知らなかったー! 
神戸、必ず行く!!!

image

2021年春頃に竹中大工道具館(神戸)にて開催予定

image

image

image

大工道具の紹介
父を思い出すな~

image

image