裏ゆに:知らなかった~(≧▽≦)いいねいいねー

【公式】サイトもどうぞよろしく グラフィックファシリテーション.jp

滋賀Shiga

びわ湖バレイの夏の空と雲、最高~!

今年の夏休みは、
緊急事態宣言に入った沖縄行きを断念して
どーやって過ごそうか
一瞬思考停止してたけど前言撤回!

image

どこに居ても夏の空と雲、最高でした!

特に、この琵琶湖を望められる
「びわ湖バレイ」から見た
夏の空と雲、最高でした!

標高1,100mもあるから
涼しいかと思ったら太陽が近くて
めちゃくちゃ暑くて焼けたけど

目線の高さに夏の雲が見えちゃう
感動の景色が360度広がってます!

インスタ映えで有名な
インフィニティプールがある
びわ湖テラス「The Main」は
ロープウェイ降りてすぐなんですが

狭くて人がいっぱいいて正直
全然、心惹かれなかった(^^ゞ

それよりも絶対おススメなのは
さらに2つのリフトを乗り継いで着いた先。

「蓬莱山」を登り切ったところに
ブランコがあるのですが

その先に、ほっとんど誰も
歩いていない登山道があって
ここ最高でした ↓

image
「蓬莱山」にある「Café 360」
インスタ映えスポットのようですが
人が多くてわたしの心には響かず、

それよりも、もう1つお薦めなのが
そこから「遊びの広場」まで戻るとき
リフトに乗らず歩いて下る坂道!

至るところにソファや椅子が置いてあって
写真一枚目もその一つ。

image

こんな素敵な夏の空と雲を
見上げられるなんて~!

(夏の空と雲が大好きなんです…)

いつもは沖縄の海に仰向けに浮かんで
夏の空と雲を眺めていたけど
ここからの夏の空と雲も最高でした!

コロナ禍でもロープウェイ激混みで
一瞬ひるんだけど、窓も空いているし
乗車時間は5分なので、大丈夫かなと。

個人的には「遊びの広場」で
ちびっこを押しのけてでも遊びたい
オモシロ遊具がたっくさんあって
また行きたい…

詳しくは ↓ びわ湖バレイ

十一面観音さまのお顔が、笑って見えるか怒って見えるかはアナタ次第(^.^)

仕事でお邪魔した滋賀県長浜市は
130もの観音菩薩像が伝わる
観音の里」でもあるそう!

観音の里 長浜
http://kitabiwako.jp/kannon/

じつは東京で事前に入手した
長浜のパンフレットで見つけた
この国宝十一面観音立像に一目惚れ☆

写真 2015-10-05 15 53 04
とにかくこの腰のくびれが色っぽ〜い ↑
他の写真で載っていた観音さまたちとは
ひと味違うのですー

…と、仕事とはまったく関係ない
事前学習をしていたせいか?!

仕事の翌日「ゆにさんに見せたい物がある!」
と連れて行ってもらったのが
この観音様でした(≧∇≦)

高月町 渡岸寺(どうがんじ)
正式名称は真宗大谷派向源寺
http://www.jisyameguri.com/chiiki/shiga/kougenji/
写真 2015-10-05 11 22 32

全国に十一面観音像で国宝七体のみ。
その中でも最も美しい
日本彫刻史上の最高傑作と言われているそう。

渡岸寺の門前には何やらものすご〜い
ケヤキの古樹があったのですが
RIMG0075
樹齢推定800年とのこと
http://www.tree-flower.jp/25/hachiman_jinja_nogami/nogami_keyaki.htm

思わず苔むす太い幹にエネルギー頂きたく
抱きついてしまいました!
RIMG0076-1
野神(のがみ)ケヤキ」とはなんぞや?!
と思って調べてみたら、

「野神」とは、豊作祈願に
野の神様(野神)をまつる風習が
この湖北地方では広く行われており、
大木に育つケヤキなどが
野神とされることが多いそうです。

お寺の中には、竹林を背景に井上靖の石碑。
このお寺が井上靖の『星と祭』の中に
登場して有名になったそう。
RIMG0084

さて肝心な十一面観音様
写真撮影が禁止。

ということで手前にあった
ミニチュアを見て下さい〜
RIMG0087
腰のくびれ(≧∇≦)すてきでしょー

ボランティアガイドのおじさまも
「観音様といっても性別は無いので
女性ではないけど、女性らしいよね」

いよいよ、安置された収蔵庫へ。
ちょっと薄暗くされた庫内で照らされた
ホンモノの、背の高い今にも天に舞い上がりそうな
観音立像を、前から横からと立って見上げていたら、

ガイドさんに
「観音様の正面では正座して見上げてみて」
と言われてビックリ。

目が合うのですー(≧∇≦)

本来の見上げる位置なのだそう。
これから仏さまの前では
まずは座って見上げます!

こちらの観音様の十一面
こんな面々が↓いらっしゃるのですが

RIMG0088

じつは実物を見ると背面・ちょうど後頭部のところに
それはステキなお顔が一つ、ついているのですが
ぜひそれも見てほしい〜

ガイドのおじさまに
「どんな顔に見える?」
と聞かれて、どう見ても
「イヒヒヒっていたずらっぽく笑ってる〜!」

ところが、隣りで見ていた
岐阜からの団体ツアーのおばあちゃまたちは
「恐いな〜」「怒ってるなあ〜」とのこと。

ガイドさん曰く
「見る人によってほんと違って見えるんよ〜」

で、ネットで探したら見つけました。
後頭部にあるお顔写真。
http://www.geocities.co.jp/oiwakeok/index.z-kan-sato.html
どっちの顔に見えますか〜?

RIMG0063

この日は「晴れて琵琶湖日和だよ〜」と言われ
ホテルの窓から見えた琵琶湖に
カメラを向けてみたのですが…

ウワサどおり「海です」といっても
わかならい写真…( ̄ε ̄;)

どこをどう撮ってもどうも
いいアングルが見つからない…
シンボルになるものがないせい?

琵琶湖らしい写真って?!
関東人にはまったくイメージ無いです〜

「400年の歴史」「文化を残す」と市民がふつうに語れるって、いいなー@長浜

先日お仕事で伺った滋賀県長浜の駅前には
ガラスの街〜レトロモダンな街並
黒壁スクエア」が広がってるのですが

そこで、美味しいお蕎麦を
ご馳走になりましたー(^▽^)
写真 2015-10-05 13 14 21
こちらは木製ですが
「信楽焼のたぬきの置物」は
滋賀県の焼物なのだそう。知らなかった…

清水寺へ行く途中の坂に
いつもたくさ〜んの信楽狸が
上目使いでこっちを見てくるので
てっきり京都のものだと思ってました!

と、ネットを調べていたら
初代?信楽狸を制作した
藤原さんという方は、なんと(やはり?)

京都清水焼の窯元で修行していて
その後、信楽に住みついてから
本格的にたぬきの制作に入ったそう

たぬき誕生秘話
http://shop.shigaraki-labo.co.jp/html/page3.html

写真 2015-10-05 13 06 08

そば八の「かよいそば」三枚
http://www.sobahachi-nagahama.com/%E3%81%8A%E5%93%81%E6%9B%B8%E3%81%8D/
写真 2015-10-05 13 22 26
三種類の味で楽しみます♪
左手前:だいこんおろし
真ん中:そばつゆ&ネギ
右手前:とろろ
(奥真ん中は天ぷらのおつゆ〜)

長浜の家々も京都のように奥が長い
うなぎの寝床。ここのお蕎麦屋さんも
奥を行くと中庭でその先に厠でした(^.^)

写真 2015-10-05 13 11 17

黒壁スクエア
月曜日だったのでちょっとヒト少ないですが

写真 2015-10-05 14 15 21

この↓オシャレなサイト見てみてください
http://www.kurokabe.co.jp/

写真 2015-10-05 14 15 18

昔の建物そのままに観光案内所や
カフェやショップになってました〜

写真 2015-10-05 14 18 51
写真 2015-10-05 13 06 04

長浜の「ひょうたん」だらけのマンホール!

写真 2015-10-05 13 03 54

豊臣秀吉公(長浜城主の頃は、羽柴秀吉)が
合戦の際に掲げる目印にひょうたんを使用していたのが
今も長浜のシンボルとして受け継がれているとのこと。

 ↓ 詳しくはこちら(とにかく瓢箪だらけ^^;)
http://www.nagazine.jp/hyotan/

写真 2015-10-05 13 05 22

今回は立ち寄れませんでしたが
豪華絢爛「曳山(ひきやま)博物館」
400年も続き、今も毎年4月に行われる
長浜曳山祭というのがあるのですが

写真 2015-10-05 13 00 50

これがとにかくハンパなくクオリティー高い!
一番の見所は曳山(山車)の舞台上で演じる
子ども歌舞伎!写真見てもらったほうがいいかも

http://pht.nagahama-hikiyama.or.jp/
http://www.nagahama-hikiyama.or.jp/
美しい〜!ですが歌舞伎なので
モチロンみんな男の子です。

「長浜の方たちが皆必ずこの時期に来て!」
「来年はうちの山組が出るから来て!」
「うちの子が子ども歌舞伎に出るんです!」
これは行かなくちゃです(^.^)

長浜市のみなさんは普通に
文化を残したい」と言い
400年の歴史」をそれは
熱く熱く語られていました。
NHK大河ドラマの話、配役、人物描写にも
語り出したら止まりません(≧∇≦)
日本酒を飲みながら〜夜はふける〜

わたしの生まれだった下町にもも
お祭り文化は根強くありますが
「文化」とか「○○年の歴史」とか
東京の埋め立て地な区民は
そこまで語れませ〜んσ^^;

仕事で「100年続く事業」の話を
絵に描きにいったのですが、
語る人たちのベースが違う!
と思ったのでした。

でっち羊羹って近江商人の心意気だったんだー

先日仕事で伺った滋賀県長浜市での
お土産「でっち羊羹」(≧∇≦)

なんと竹の皮に包まれてました〜♪
今どき珍し〜

小学生のとき母がおにぎりをいつも
竹の皮に包んでくれていたので
なんだか懐かしい〜

写真 2015-10-07 10 04 33

丁稚(でっち)という言葉も、
個人的にはなんだか耳馴染みのある
懐かしい言葉〜

なんでかな〜と思ったら、
父がよく「丁稚(でっち)に出すゾ」
と言っていた…(ー ー;)
どこに丁稚に出すつもりだったんだろ?

右はホテルで見つけて即購入した
近江八幡市のでっち羊羹。
左はその後、長浜の方に頂いた
長浜市のでっち羊羹。
http://www.rokube.co.jp/SHOP/a002b.html
写真 2015-10-05 19 15 46

「食べきれなーい!」なんてウソでした(o^^o)
1人で一本かるくペロリと行けました(≧∇≦)

甘すぎず軽く、それでいてあずき感しっかり〜♪
これはリピートですよ、リピート!

説明書きによると
「近江八幡から全国各地へ
 丁稚奉公に出ていた子どもたちが
 里帰りをして再び戻る際、
 主人や番頭へのお土産として
 持ち帰ったことに由来する」そう。

「三方良し」の近江商人の
心意気のこもったお菓子なんですね〜。
知らなかったー!

写真 2015-10-05 19 16 45

今回のお仕事でも長浜の方たちから、
ありあまるほどのお気遣いを頂き、
今も生きる近江商人魂を
しっかり体感させていただきました。

買い手よし(^.^)世間よし(^.^)売り手よし(^.^) 

ちなみに ↓ こんな活動、見つけました!

三方よしを世界に広める会
http://www.sanpoyoshi.net/
記事検索
月別
QRコード
QRコード
●ゆに●
本職はグラフィックファシリテーター®
blogPHOTO
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🥲トップアスリートたちの言葉
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
  • 🇯🇲ウサインボルトの歩幅2m86cmに挑戦💪
最新コメント