裏ゆに:いいねいいねー

【公式】サイトもどうぞよろしく グラフィックファシリテーション.jp

入院しました

お医者さんも異動の季節

お医者さんにも異動がある。

とうとう主治医 長友(←通称(^^ゞ)も
来月から都内H病院へ異動。

寂しいなー。

救急車で運び込まれたときから
1年と9か月お世話になりました。

おとといの診察が最後でした。

長「後任は手術で僕のサポートに入ってくれた先生です」

ゆ「名前を聞いても入院中には会ったことが無いけど…」

長「彼も中を見ていますから!」

ゆ「中を見ている……」(でもまあ妙に安心)

FullSizeRender

この日の待合室には、長友の受け持つ患者さんが
いつもの3倍は来院していて、待ち時間も2時間越え。

ようやく診察室に入って

「先生、さすがに今日は大忙しだね」

と言ったら、

「フィーバーしてます!」

といつも以上にほっぺを赤くして汗かいてました。

確かに待合室は、長友フィーバー(^^)
みんなさみしがってましたよ~!

診察時間を長引かせないように
無駄話は控えようと思いつつも、
今日はわたしも最後に長友と話したいことが2つある。

1つは通常の診察。もう1つは
調停に向けて(まだがんばってます)のご意見聴取。

まずは痛みを大いに訴える。

この夏休みの間にリハビリと称して遊び過ぎたツケか、

じつは膝の痛みは悪化していて(@_@)トホホ
大きなたんこぶみたいに腫れているのが治らない。

見た目がとにかく酷い(ヒドイ)
醜い(ミニクイ))(T_T)

でも「できることは無い」らしいです。

「運動機能はリハビリで対処できるけど、
 痛みやしびれや腫れは難しいんですよねー」

「半年後にはたんこぶは小さくなっている人もいれば
 ずっとそのままの人もいるんですよねー」

つまり

「痛くて動かせない」状態なら
リハビリの理学療法士にできることはあるが、

「動くけど痛い」状態には、もう、することはない。

それが整形外科。
それでも通院はまだ続く、、、。

「手術後半年は通院してもらいます。
 中でバイキンで膿んだりする可能性があるので」

これは「開いた」人はみんな共通だそうです。

早々にあきらめて、もう1つの話。

こちらも調停準備が最終段階に入ってきており、
(まだやってるんです~ぐわんばる…)

前日、弁護士先生からのメールで届いた
担当医師宛の質問を1つひとつ聞いては
長友の回答を聞き漏らさないように細かくメモメモ。

主に「後遺症」についての質問なので
自分で聞くと嫌んなっちゃう内容でしたが、

「ネジが残っていることが後遺症でしょう」とか
「人工関節になる可能性は高いですよね~」とか
「また膝周りを手術するときには
 ネジを外す手術が必要になるかも」とか
「軟骨は普通の人よりはすり減りやすいですね~」とか
「でも、すり減る頃には、この怪我だけが
 原因とは言えないですよね~」
 
まあ、、、つまりは
どれもつかみどころのない返事で

弁護士先生に「いい証言とれました!」
とは言えない内容で、嬉しいはずなのに
ちょっとガッカリな質問と回答のやりとり…。

最後の診察に、こんな終わり方も寂しくて
つい、いつものように無駄話をしてしまいました。

先生は9月最後の一週間、夏休みをとって異動します。

「先生、夏休みはどこ行くの?」

「自宅待機です」

「???どゆこと?」

「子供が生まれるんで。それにあわせて休みを取ったんです」

「わ?!おめでとうございます!何人目?」

「3人目」

「どっち?」

「待望の男の子!」

「わおー!おめでとうございます!

「やっと女系家族から脱出できます!」

女性家族だったんだ。。。
娘たちに翻弄されている姿が目に浮かぶ…(^^ゞ

救急車で運ばれてから二度の手術。
煮え切らない会話は多々あったけど
先生の明るさとタフさに救われました。
本当にお世話になりました。

リハビリの先生や周りの看護師さんたちに
「先生についていかないの?」と言われるけど

そこは情に流されず
手術データの蓄積されている
この病院に残ります(^^♪

次の主治医はどんな人なんだろ、、、ワクワク

膝のおかげで、全く新しい沖縄リハビリ シュノーケル

IMG_3229
無事(?)🏖沖縄のビーチでシュノーケリング🐠 リハビリ三昧を経て、東京に帰還しました。一昨日からGFも復帰してます。


正直、沖縄へ向かう飛行機の中では、めちゃくちゃ🌪雨乞いしてました。(昨年は10日間すべて晴れてしまい夏合宿状態だったので)前半は雨や曇りに助けられ、後半🌞眩しい太陽にジリジリ家人が焦げていく中、🐬6カ所のビーチ(宮古島2+本島4)を回っているうちに、だいぶ膝が曲がってきました🦐


まだ、走れないし、正座はできないし、階段はスムーズに降りれないけど、バッティングセンターでは⚾️80km 20 踏み込んで打てました💪🏽(写真は宜野湾にある昔ながらのバッティングセンター。肋骨を折っていた家人は、120km100球こなして、こちらも回復を確認💪🏽

IMG_3232


そして何より、行く前に、自分にGFして、他責から自責へ変わった(つもりの)おかげか、今回の沖縄はなんだかこれまで(特にこの10年間)とは全く違う🌈新しくて濃い~体験の連続でした特にビーチでは「え?!今ワタシは『美ら海水族館』の中で泳いでる🤩」と錯覚するほど、これまでにないくらい幸せな世界に🐠行くビーチ、行くビーチで遭遇し、そのヒット率は過去最高の85‼️これはもう本当に膝のおかげです。ミラクル~💫


(というのも、これまでの我が家の沖縄旅行は毎年、沖縄のビーチを知り尽くしたいと「ガイドブックには載っていないが地図上には存在するビーチ」を見つけたら、手当たり次第に入ってました。


名もないビーチの近くに地元の車が数台停まっているのを見つけたら、私たちも!と、たいていは🌵生い茂る草むらの中の、🕷巨大クモが待ち構える🕸獣道🐾や狭くて急な崖🧗🏻‍♂️を降りていきます。そして家人は波が荒れてようが🌊潮の流れに関係なく、ぐんぐん沖に出て行くので🏊‍♂️見失ったら最後1~2時間は戻ってこない。私もなんとかくっついていこうと🏊‍♀️必死に泳いでました。で、無闇矢鱈と泳ぎ廻ったら、はい次!と1日に2~3カ所ハシゴしてました。


こんな潜り方なので、必ずしも美しい🐠熱帯魚たちに出会えるとは限らないのですが、まあ、でも、天候や時間にも寄るし、毎年見せる表情も変わるので、また来年来ればいいや~ということで、特に気にしてませんでした。それがめちゃくちゃ楽しいと思ってました。でも違った。)


大袈裟かもしれないけど「意志を持って自責に立てると、こんなまだ知らない新しい幸せを味わえるのね💕」という発見🤩


普段からGFの現場で、お客さまの「いかに当事者意識を持てるか」とか「いかに自分の無意識な他責に気付けるか」という議論にはどっぷり浸かっているつもりだったし、自分も仕事では「当事者意識を持ってる(つもり)」でいたけど、自責に立てた後のこの自分自身の言動の変化含めて、ちょっと今までに味わったことのない体験でした。


膝のおかげで、超プライベートのダメダメな他責っぷりと向きあった成果かな。とにかく(向こうにいるときは全く気づかなかったけど)東京に戻ってきてから、ものすごくじわじわ感じてまーす。


ただまたすぐ(特にプライベートででは)自責を忘れちゃうだろうから、ここに戻ってこれるようにと以下はダラダラ備忘録ーーー

IMG_3233

IMG_3234

【これまでの他責】

今回、本当によく分かったことは、自分が無意識のうちにしていた他責っぷり。これまで私は一度も自分から行きたいビーチを選んで来なかった。「どのビーチもいいね」というツマラナイ人だった。正直なところ、情報が多すぎて読み込むのが面倒で1つに絞れなかった。雨雲レーダー片手に行き先を考え運転する家人の横で、ネット検索するフリすらしてこなかった。とにかく楽ちんで最高と思ってた。頼れる人に任せたほうが、予想外の出来事の連続で、そっちのほうが楽しいよ、と言っていた。


【ハッ!!!】

たまたま昨日のGFで「こんなリーダーにはなりたくない」という議論を絵にした。描いたのは「決断しないリーダー」「判断できないリーダー」「丸投げするリーダー」。。。それらの要素すべてが私にも描けるガーーーン。私は、決断を放棄してきた。決めない、決められない人になっていた。しかも、自分の好き(嫌い)への感度も鈍っている。その姿は、まさに企業が頭を抱える「自分で考えない思考停止」社員や「打っても響かない不感症」社員と何ら変わらない絵ガーーーン。やだ!格好悪い!


【そうは言っても】

行く前に「自責になる」と宣言したものの、具体的な行動計画は何も無いまま沖縄にいた。それどころか心の中では「そうは言っても、またいつもの沖縄と変わらない」と思っていた。


【なぜか自然と自責】

それなのに今年はなぜか自然と朝「今日はこのビーチに行きたい」と言っていた。なぜ?!(バッティングセンターも、初めて自分が選んで決めていた)


そして、自責のご褒美なのか、海の中には「ここはニモの世界?!」「アリエルの世界?!」と見間違うほどの空間が現れた。そこで漂う時間の幸福感はハンパなく!


さらに良い出来事として、他のビーチへ移動したくないほど最高の見え方と数だったので、結果的に同じビーチで3ダイブ。潮の満ち引きで、毎回見え方の変わる世界も体感できたし、何より「1日1カ所で満足できるなんて❣️しかも、こんなにラクチンだったなんて」を初体験。


これまでは、ビーチをハシゴする道中も🧗🏻‍♂️登れる山🏜、歩ける緑地🌳には必ず立ち寄るのも当たり前でした。城跡、丘、展望台、滝、谷、並木、林、群落、森、植物園と、結構なジャングルの中を登れる歩ける沖縄。昨年も300段の城山を登って悲鳴を上げたりしてたけど、今年はそれが無かった!


崖や獣道を降りるとか、魚の居ない海をやたらめったら泳ぐとか、山や丘を見たらとりあえず登るとか、意志を持たない行動は、実は、体力だけでなく、心も消耗させていたのね😅


また、今回ひざを心配してマイ・ライフジャケットを初めて購入して臨んだけど、そのご褒美もあった。家人の泳ぎにも負けない助っ人をっぷりを発揮。傷口の日焼けはNGということで水陸両用のスパッツも購入。ついでに20年以上使い続けていたシュノーケルと水中シューズも新調したおかげで快適さ倍増。


もはやすべては、この左膝のおかげとしか思えない🤩🤩🤩


【GFの現場でも】


ただ、とっても不思議だったのは、行きたいビーチを必死に調べたわけでもなく、自分が決めるぞと決めていたわけでもない。でも、気づいたら、行きたいビーチがスッと決まって、干潮時間・満潮時間をネットで調べることも自然とやっていて、とにかくすべてがノンストレスな行動だった。


GFでご一緒する研修やワークショップでは、他責から自責に立てたら、たいてい最後に具体的な宣言やアクションプランを語ってもらうけど、アクションプランがなくても、これってできるのでは。自分の予想を超える行動も起きてくる。


「これが自責の効果なのか?」


一方で「いかに自分が受け身だったか」という反省は大きい。これまでも楽しかったはずなのに、記憶がどこかいつも家人よりボンヤリしてたのは、他人任せにしていたツケ?!と改めて気づかされたほど、今回の充実感がハンパなかった。めいいっぱい心身が味わっていた。昨今流行りの「マインドフルネス」という単語を借りたくなる感覚。


「自責がすごいのか?それとも他責に気づけたことがすごいのか?」


とにかくまずはGFの現場で、ワークショップの最後に語る宣言やビジョンという言葉を超えた体験が、その先に起きることを、自信を持って伝えたい。


自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん

膝が思うように回復しないことを
吠えている私を見かねた人たちの
「自分にGFしてみたら?」
というアドバイスに従って
今の自分でネガ書き出ししてみたら、、、

FullSizeRender

なんと五分でネガは底を尽き、
あっという間にポジに上ってきました。

大したモヤモヤじゃなかった…。
この3週間のモヤモヤはなんだったんだ…。

お客さまにはいつも

「そのモヤモヤしている時間がもったいな〜い!
未来行動を止めているモヤモヤは
みんなで一度ネガポジで吐き出して
とっとと次へ進みましょーう)^o^(!」

と言っているくせに、、、(-.-;)

そして、いつもは、クライアントさんの
「無意識のうちに他責にしちゃっていること」
を絵に描き出すのが
GFの第一歩なわけですが

改めて自分の
モヤモヤネガネガを絵にしてみると、

うすうす感じてはいたけど、
周りもとっくに気づいていたけど、
わざわざ絵にしなくてもと思うけど…
でもやはりモヤモヤの根源は

他責…

そしてお客さまにはいつも

「紙に定着させないと
モヤモヤネガネガは止まりません
その他責から本人は抜け出せません」

「みなさんも自分で
手を動かして書いて書いて」

と言っているクセに…

自分のこととなるとつい…

ずーっと
「だれか私のネガを書いて」(←これぞ他責!)
と思ってました(^^;

もう人のせいにしません。ごめんなさい。
ネガからポジへ。自責でゆきます(^^;

以下は、そんなネガポジ絵巻物。

グラフィックファシリテーションは
いつもは会社や地域、組織やチームや
そのお客さまのためのものだけど、、、

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

自分(一個人)に
自分で問いかけてみました。

問1 
現在のモヤモヤネガネガを吐き出す
テッパンの問い

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

みなさんも
モヤモヤしていることあったらぜひ。
文字で書くだけでも、
とりあえず止まります。

ちなみにわたしはいつものGF通り
自分のモヤモヤネガネガを
絵にしてみたら、、、

FullSizeRender

痛みの主役の膝を完全無視した
頭都合の、頭でっかち火星人が
わたしの真の姿!!!

FullSizeRender

めっちゃ長友(先生)
のせいにしてる、、、
みっともない、、、

FullSizeRender

「体の声を聞くとはこういうことかー」
ということを、絵にしないと
私の場合は腹に落ちてなかった(^^;

FullSizeRender

「手放すとはこういうことかー」
いうことも、絵にしないと
私の場合は腹に落ちてなかった(^^;

でもこれだけでは
まだポジには上がれない。

問2   未来のネガを問う
今の状態を放置するとやってくる
最悪な未来とは?

FullSizeRender 

FullSizeRender


FullSizeRender 

ナミダの素、囚われている呪縛が
モヤモヤの根源、、、
そしてそれは大抵こちらの勝手な解釈から
妄想を膨らませて出来上がったもの、、、

FullSizeRender

仕事では自責のつもりでも
プライベートではもう
無防備なほど他責の常習犯、、、

FullSizeRender

FullSizeRender

ようやくポジの問い
問3
どうしたい?どうありたい?

何ができる(CAN)の前に
どうありたいか(WANT TO DO)
を問う、この順番が大事。

FullSizeRender

FullSizeRender


じつは未来行動を止めている
目に見えないモヤモヤ。

モヤモヤネガネガは書けば、
止まる、抜け出せる。
吐き出し切れると、底をつく。

もう少し何とかならないの?
このままでいいの?
実は日頃から抱いていた違和感。
心の中でいつも思っていること。
じつはとっても感じていること。
嫌だな〜。イライラする〜
腹が立つー!不安、悲しい、心配、、、

でもそんなネガこそ
本当は自分はどうありたいのか
本当のネガが見えてくる近道。

ネガはポジの裏返し。
なんとかしたいから
イライラする、腹が立つ。
嫌いは好きの裏返し。

本当に進みたい未来は
自分でも気づけない。

だからネガから。
モヤモヤしていることから。
とにかく書いて書いて
尽きるまで。

ネガ:ポジに
費やす時間配分は
9:1くらい。

そして俯瞰する。向き合う。
自分はこの変わらない状況を
何のせいにしているのか。

自分は本当は
どうありたいのか。

底を打ったら勝手に上がってこれます。

ネガからポジへ。
他責から自責へ。

長友似のヒトに悪い人はいない

術後の経過があまりに予定と違いすぎて
つい先生(長友似)に吠えて
先生をワルモノ扱いしてますが、、、

基本は、こんな明るくて前向きで、
ちょっと眩しすぎるときも、、、

長友似の顔をしているヒトに
悪い人は居ない、ということで(o^^o)

FullSizeRender

医療現場で受ける「コミュニケーションギャップ」は、ビジネスの現場で感じる以上に、身体に来る~ッ パート3 :先生の言う「乗れる」「走れる」って?

目の前の長友も、若くて、
超~前向きなのは良いのだけど、
そのせいか信用できないことがある、、
FullSizeRender
FullSizeRender  
長友、もしや
「痛さ残るのはアタリマエ」
前提で語ってないか⁉️
FullSizeRender

「前提条件を確認してから話をしよう」
と、ビジネスの現場ではよく言うけれど、、、

医師と患者、リハビリ先生と患者、
看護師さんと患者、の会話まで
気を付けなくちゃいけないというのは、
弱ってるときはあまりに難しい、、、

かといって、もう本当に忙しい
医療関係者のみなさんにばかり
お願いするのも心苦しい、、、
FullSizeRender

と、そこで、
お友達に言われて思い出したのが、
以前、京都大学で、
異分野の研究者が集まると
どんな化学反応が起きるのか、
という公開型オープンイノベーションで
描いた絵巻物。

「未来の病院の1シーン」として
描けた絵なのですが、
スターウォーズのR2-D2が
病院内を巡って会話データを集め、
3POがお節介に医師や患者に助言する絵!
IMG_2967
「コトバのデータベースが社会を変える 
コーパスの意義と可能性を探る」
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=342

この時、医療現場のコミュニケーションを
研究されていた先生が言っていたのは、
医師と患者の言語データを収集できないのが
最大のネックとのこと。

海外では国が率先して指揮をとっているので
データがあったり研究者が買えたりするそうです。

でもこれも四年前の記事なので、
日本でも進んでいるのではないかと思います!
ご存知の方いたらご教示ください(^^)
FullSizeRender

My doctor says I'll be able to run and get on a plane next week. But I can't believe him because my knee is still so painful.

There must be much more misunderstanding between a doctor and a patient. In my graphic facilitation, I have drawn two robots in a hospital. One robot  just like R2-D2 walks around doctors and patients and collects communication date. The other robot just like 3PO advises doctors or patients to have a good communication. I drew the picture 4years ago. I hope the scene will comes true.

☆新着☆
月別
最新コメント
●ゆに(^o^ )●
職業:グラフィックファシリテーター
趣味:よそ見 より道
blogPHOTO
  • お医者さんも異動の季節
  • 膝のおかげで、全く新しい沖縄リハビリ シュノーケル
  • 膝のおかげで、全く新しい沖縄リハビリ シュノーケル
  • 膝のおかげで、全く新しい沖縄リハビリ シュノーケル
  • 膝のおかげで、全く新しい沖縄リハビリ シュノーケル
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 自分にGF(グラフィックファシリテーション)したら、ハッキリ他責を自覚( ̄∇ ̄)もう人のせいにしませーん
  • 長友似のヒトに悪い人はいない
  • 長友似のヒトに悪い人はいない
  • 長友似のヒトに悪い人はいない
  • 長友似のヒトに悪い人はいない
  • 長友似のヒトに悪い人はいない
  • 長友似のヒトに悪い人はいない
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ