三浦知良「サッカー人として」日本経済新聞

01

「~舞台から脱落するのは、つらい。でも、落選からが人生は山場なんじゃないのかな。

選考に人生を左右されたと感じて投げ出してしまうのなら、結局、自分で人生を棒に振ることになる。そうでなく、諦めず、ちゃんと人生を組み立てていく。きつい作業だけど、はい上がれるか。

敗れた。老いた。別れた。そこからなんだ、勝負どころは。過去に起こったことは変えられない。でも起こったことの意味なら変えられる。負でしかない出来事も、頑張りようでその意味を、ダイヤモンドのように光らせることができる。」

このコラム本当にだいすき。毎回、ほんとーーーに楽しみ。