時効3年が迫る中、
今日も弁護士事務所に缶詰めです
😩.



no title

私の赤入れに、先生が打ち直し、
出力を取りに行く、、、の繰り返し。
ただ今も先生待ち、、、。

私もかなりシツコイ赤入れしていて
(私が編集部時代の受けていた厳しい校閲以上!)
細かくて申し訳ないと思いつつ、

でも、でも、でも!

(ア)(イ)(ウ)の次が
(2)になっちゃってたり、

「前述したとおり」って書いてあるけど、
どこにも前述されてないし、

「そのビルのシャッターが下りてきてしまった」
って書いてあるけど、どこにも
「駅ビル」とも「担架が置いてあった」
とも書いてないし、

急ブレーキで身体にかかった
「引力」?「制動力」?「慣性力」?
って、どんな力????(統一すらされていない)

などなど、

事故や訴える内容の確認以前に、
単純に初見で読んだら
これよく分からん!という文章に、、、

こんなところまでチェックする私が悪い?!
しかし昔とった杵柄、、、
原稿を読み出すとつい編集者魂の血が騒ぎ、、、
私が編集部時代に受けていた
厳しい校閲以上に
厳しい目で読み込んでしまう、、、


でも、さすがに目ショボショボ!
疲れたよぉ〜😱珈琲切れ!お腹空いた!
今日、外はきっと良い天気
だったんだろうなあ〜
ワオ〜ン

てっきり完成していると思っていた申立書
今まさに書いている先生。
今日で全原稿を読めるはずだったのに。。。
最後は論点ボロボロの原稿を見せられ話にならない。。。

ゆ「明日(金曜)までに今日の直しを反映した
  原稿を送ってください。確認しますから」
先「明日は○○があって無理です」
ゆ「じゃあ土曜日の朝は?」
先「土曜日、う~ん」
ゆ「今、赤入れしたところを直すだけなら
  土曜日の朝には送れますよね?!」
先「じゃあ、土曜日の朝で、、、」
ゆ「なんなら土曜日も来てここで待ちますよ」
先「土曜日はアポがあるので」
ゆ「私の仕事もそろそろ優先してくださいよお~
  来週火曜日までに完成させないといけないんですよね、これ?!」
先「土曜日はずっと前から入っていたことなんで」
ゆ「!!!!!!!」

こっちだって全部の予定を
ズラしてるんだよぉぉぉぉぉ!!!!

1年間も申立書作成を寝かしておいて
どうしてここまで冷静に言い訳できるの~?!

さすがに腹が立つ、でも
書くのは先生
いくら私が鼻息荒げても
進まない、、、

くぅぅぅぅぅぅ!!!