富山1泊2日の2日目。

富山駅の北側を回った後、
南側へ戻って、富山初心者定番コース

隈研吾氏が設計を手掛けた
複合施設「TOYAMAキラリ
https://www.info-toyama.com/spot/80267/
(2015年にオープン)

このステキさ☆☆☆
写真では伝えきれません。。。
一度行って見上げてほしい、、、

R0000511

富山駅前からトラムに乗って
向かっているときは(10分くらい?)

パンフレットを見ながら
ふ~ん、という程度だったんですが

入った瞬間から、吸い込まれます。

R0000491

ここは「富山市ガラス美術館」と
「富山市立図書館本館」が
一体になったビルでした。
(気づかなかったけど
 富山第一銀行本店も入居しているそう)

図書館フロアガイドに
各階の写真↓が載っていますが
https://www.library.toyama.toyama.jp/shinkanguide/floor4

こんな素敵な図書館があるなんて
富山市民のみなさんがうらやましい!

R0000508

「キラリ」とか「ガラス」とあったので
最初はキラキラ眩しい建物かと思っていたら

たくさんの羽板の隙間から
外光が館内を包み込んでいて
とにかく優しい空間。

R0000501

もうすっかり長居をしてしまいました。

2階にはカフェがあったり
グランドピアノが置いてあったり。

カフェで一休み。で、入ってから
気付いたのですが

R0000498

あの「宝の麩 
不室屋さんのカフェでした。

R0000499

加賀麩を味わう和カフェ
「FUMUROYA CAFE」

ただ加賀麩は金沢(石川県)。
ここは富山県。

富山はもとは加賀藩だった
石川と富山は1つのくにだった
ってご存知でした?

仕事をするまで
知りませんでした、、、

富山県の歴史。
↓このサイトの地図を見ると分かりやすいのですが

石川県から分県、富山県の誕生。

ということで、なかなかこの両県間には
今だモヤモヤ(!)はあるようで、、、

毎回富山県で描ける絵には
そのドロドロモヤモヤが描けて
めちゃくちゃ盛り上がります。
東京人には初耳でした(^^ゞ

2階にはミュージアムショップもありまして
ここがまたセレクト感が秀逸!
東京でも見たことの無い
珍しいアーティスト雑貨や
デザイン性の高いグッズが並んでましたよ~

帰りは駅まで歩いて帰ろうと
目の前のアーケード商店街を歩いていたら

まるで道の駅のような

地元の珍しいお野菜や果物や
手作りお菓子やパンやお弁当などが

手ごろな値段で売られていている
お店を発見!

地場もん屋 総本店」
http://www.jibamonya.com/
R0000526
@総曲輪(そうがわ)通り商店街

街中にこんなお店があるなんてー
うれしい~!
金時草、わさび菜、根付きパクチー
枝付き唐辛子
などなど

つい、ふつーに八百屋感覚で
買い物してしまいました。

地方へ行って買いたいと思っても
飛行機だと葉物はどうしても
しなびちゃうので諦めてるだけに

ここからなら新幹線で
2時間ちょっとだから
明日の朝ごはんにちょうどいい!

後から調べてみたら、このお店もまた
富山市の取り組みで生まれたそう ↓

しかもこちら
合併後も1つになれないでいる市
には参考になる事例かも(^^ゞ

今の富山市は2005年に
7つの市町村が合併してできたそうで、

「合併前の各地域で行われていた
 地産地消の取り組みをネットワーク化することで、
 新富山市の一体感を醸成しつつ農業振興を図る」

という願いも込められているそうです。

R0000528

廻る富山湾 すし玉

最終で帰るから、朝ほど人は
並んでないかと思ったけれど
まあまあ並んでました、、、。
それでも待つこと15分、
入れました、ゆったり、
なかなかお手頃、且つ
本当に美味しかった!

ただ、、、こちらを運営するのは
じつは金沢本社の会社さん、、、
うーん、ビミョー

富山駅 新幹線おりたらすぐある
お土産処とレストランのあるフロア
「きときと市場とやマルシェ」
の一角にあります。

今回はレンタカーしなくても
これだけ遊べた富山だけど

次回こそは車でもっと
海へ山へと遊びに行きたいな~