熊本みやげにはもう絶対コレ~(≧▽≦)
昨年5月に発売されたそうです『トマトパン』

一斤にトマト7個も練り込んである
と書いてあるだけで惹かれちゃいますが

810

今回お仕事でお世話になった
熊本県立大学でお会いした
八代出身(←トマトの名産地!)の先生のイチオシ☆

迷わず買って帰ってきました。
一斤1080円(税込)

これが…ホント美味しかった(≧▽≦)
まず、とにかくズシリと重ーい!

814

パンというより「トマト食べた~!」って感じです!

水も牛乳も使ってないそう。だからかな!?
生地にトマトピューレを練り込んで、且つ
ドライトマトもぜいたくに入ってるので
果肉も感じられて~♪

もうトマト、トマトです、これ(≧▽≦)

862

「冷凍しておけますよ」と言われたのですが、
もう残ってませーん(^^)

そのまま食べるともっちもち。
トーストしたらサックサク。

わたしはトーストが気に入りました♪

オリーブオイルとかバジルソースつけても
いいかも!とやってみたら、これがまた合うー!

826

一斤パンというと、
京都のボロ―ニャとかMIYABIとか
モンシェールとか、
デニッシュ系が一般的ですが
こういうの、欲しかったー!

東京人はこういう土産を買いたいのですよ!

わたしは市内の交通センターそばの
熊本県物産館で ↓ 購入したのですが

824

阿蘇くまもと空港では、許せないぐらい
隅っこで売られてました。ナゼ~!
試食販売したらもっと売れると思うッ!

最近、地方の空港や新幹線駅のお土産売り場で
特に買いたいものが無いのは私だけ?
「チーズケーキ、チョコレート、クッキー、餡もの、きんつば、せんべい…
どれも、似たものは東京にあるんだよな…」
買って帰っても家族の驚く顔が思い浮かばない…

そんなときに『トマト7個も入ったトマトパン』
(≧▽≦)きゃ~熊本っぽい~♪

816

東京人はこんなお土産を探しているのです!(←シツコイ?)

熊本はトマト生産量全国1位。
冬から春にかけての生産最大産地が八代(やつしろ)。

このトマトパンに練り込まれている
「はちべえトマト」とは

831

くまモンが目立ち過ぎて
「はちべえトマト」のキャラが小さいですが…(^^ゞ

八代平野で作られる減農薬ブランド冬トマト
ということで「八代平野」の「八」と「平」から
「はちべえ」だそう。

913

「はちべえ」の値段は通常のトマトの1.5倍もするそうですが
http://www.hatibee.com/

八代出身の県大の先生によると
「ゆにさん、塩トマト、すっごい美味しいから食べて!」
と言われました。

すごいキビシイ状態で育てられて
そこに塩のミネラルが混じってめちゃくちゃ甘いそう。
採れる時期も限定されて(冬)、値段もお高いそうですが
食べてみたいですー
 
843

完成に至るまでは、一斤に7個もトマトを使うと
水分で生地がビショビショになったり
トマトの強い酸味がイースト菌の発酵を
邪魔したりと大変だったそう!

本当に手の混んだトマト愛のつまったパン(≧▽≦)
ズシリとくる重さとぎっしり詰まった中身から感じますー

一般社団法人 九州福祉会

販売は「うまか屋 元気堂

http://fukusikai.shop21.makeshop.jp/shopdetail/000000000001/

http://kumanichi.com/yuryou/annai.html