越後湯沢駅構内に
突如こんな寝転ぶ大木が!^^;
画像1
ほんとに足元に人が
倒れているのかと驚いた!

新潟県の方は日本酒がほんと
お好きなんですねえ(≧∇≦)

越後湯沢駅構内に
「ぽん酒館」という
オシャレな一角があり
画像1
その入り口で飲んだくれてます!
一緒に写真が撮れます(^^;

この日は南魚沼でgf仕事だったのですが
観光協会の方がまた素敵なカバンを
使ってらっしゃいまして
画像1
なんて男前なデザイン!
私も欲しい〜(^.^)

わたしは下戸ですが
お酒のラベルにいつも見惚れてます。
どうしてどれもカッコイイんでしょ!
画像1
で、お酒の飲めない私用?
ぽん酒館の奥には
大正モダン昭和レトロな
素敵な店内でゆっくり飲める
「糀カフェ」がありました〜♪

しかし駅構内で遊んでいたのも束の間
迎えに来てもらった車から
会場のある六日町まで向かう
車窓がまたほんと素敵で!

目に飛び込んできた
南魚沼市の美しい山々と
米どころの大自然には
これまたすっかり魅了されました。
東京人にはたまりません(≧∇≦)
画像2
ところで南魚沼市って
どこにあるか正確な場所
ご存知でしたか?

東京駅から90分で
こんな大自然と美味しいお米に
ありつけるなんて☆

私はこの仕事をいただくまで正直
全く知りませんでしたσ(^_^;)

石打とか舞子といったスキー場が
あるところです。
車でスキーに行ったときには
おそらく一度や二度は来ていたはずですが
雪だらけの景色しか見たことがなかったので

でも特におとといの南魚沼市は
30度を超えていたおかげか
その青空がまた良いのです!

こんなにも空気の美味しい
空の広い雄々しい連峰に囲まれた
ところだったとは。
画像1
南魚沼市の皆さんは
住みやすい、人が暖かいと
口を揃えておっしゃってました。

雪が降る前にまた来たいなー。
温泉もたくさんあるので
紅葉のときには
かなりオススメとのこと。
画像3
地方でgfするときは
常に日本地図を見るところから
事前の情報収集を始めるのですが

新潟県ってとにかく広い!

その中で南魚沼市は
いちばん東京に近いんですが、
つまり新潟といっても海無し市。
(でもその代わりに川遊びや
川で鮎釣りして食べるなんて
また楽しそうなのです。
夏に来るのもいいなー)

そして同じ新潟県で
コシヒカリを生産していても
市ごとで全然違うそでσ(^_^;)
(たとえば魚沼のコシヒカリと
南魚沼のコシヒカリは違うそう)
南魚沼は特A級ランクなのだそう。
知ってました?

社会人や留学生もたくさん集まる
国際大学や、雪国まいたけ本社も
南魚沼市にありました。

そして、もう一つ、
ご存知でしたかネタ。
画像1
写真左手、名前はレルヒさん!
新潟県のゆるキャラ。
なんと珍しく外人さんです。

…と、レルヒさんのことは
南魚沼市のホームページで
事前に調べていたのですが
http://www.niigata-snow.jp/lerch_sp/profile

この右の動物はナンダ?!
オコジロウ?

どうやら最近、彼には
彼女ができたらしいです(^.^)
http://www.shinetsu-navi.jp/2013/06/10_032668.php

新しい土地は、もう
よそ見しちゃうことばかりで
まっすぐ仕事場に辿りつきませ〜ん(^^;)