裏ゆに:いいねいいねー

【公式】サイトもどうぞよろしく グラフィックファシリテーション.jp

念願の蕎麦打ち弟子入り!

下の写真は、宴会席の真横のテーブルを占拠して師匠の7:3の配合の粉を振るっているの図。

師匠とは、通信の世界ではとっても偉い方ですが、いつも若手に手打ち蕎麦を振舞ってくださる素敵な方です。私にとっては昨年同時期に膝を手術して私の半歩先をいくリハビリの先輩でもあります。本当は昨年、蕎麦打ちの手ほどきを受けるはずでしたが、怪我で今年の6月時点もまだ膝がつけずに断念。と、今日はようやく!一年越しの蕎麦打ちでした。

写真 2017-11-17 22 52 05

お店の女将さんから「汚れるからモンペも貸してあげるわ!」と着物上下一式貸お借りしたら、なんだか1人健康ランドに来てる人みたいになっちゃってますが…ここは赤坂の割烹…。

動画並みに指導の一部始終を写真にしてもらったので、ご興味ある方は見てみてください。これで復習できるー^o^

写真 2017-11-17 18 26 34

上は早速ですが、腕まくりを忘れて粉に手をつっこんでしまったの図。。。さらさらで気持ちの良い粉に浮かれていましたが、粉モノは準備が肝心です。反省。

さて下の写真の左上に見えているペットボトルには粉に交ぜる水が入っているのですが、師匠改造版の特別ペットボトル。かたむけるとフタを開けずとも水が数か所から出てきます!

写真 2017-11-17 18 26 46

粉に水をなじませていくとき、手はおわんのようにして、粉をさらにサラサラにしていきます。と、書くと簡単ですが、これから粉をまとめていくはずなのに、逆の作業をしているようで、しょっぱなから不安になりつつ、腕を回し続けます。粉を押し付けない!と言われて、ますます肩にヘンに力が入って、腕が筋肉痛になりそうに(^^ゞ

写真 2017-11-17 18 29 12

粉をサラサラにすべく手をふわっとあわせてこすります。しかし、これがまた、力を入れてこすってつぶしてサラサラにするのではない。

写真 2017-11-17 18 29 35

って、どういうこと(^^ゞ?って感じですが、油分の多いそば粉に水分を浸透させていく作業なんだそうです。

改造ペットボトルから気づくとスプレーで水まき!これまた師匠があみだした技です。確かに満遍なくやさしく水が浸透していく感じ。

写真 2017-11-17 18 32 42

ところで、蕎麦粉にお水を掛けると、とってもいい蕎麦の香りが立ちあがってくるってご存知でした? わたしは知りませんでした。これがまた本当にいい香り!

写真 2017-11-17 18 39 10

本当にまとまるのか?と不信がって手を動かしているうちに、手品のように突然玉が現れてきます!手品師のよう!さっきまで白い砂浜の世界が、あっという間に蕎麦色に変化!

写真 2017-11-17 18 39 18

そして突然、、、まるまってきた!

写真 2017-11-17 18 39 32

突然、お蕎麦の粘土が手からはがれない!手を洗う時も、女将さんから亀の子たわしを借りました。

写真 2017-11-17 18 39 39

自宅で蕎麦打ちをすると「テーブルについた練った蕎麦はしばらく取れない」「次の日も粉が家の中を舞っている」は「あるある」だそう。

まとまってきたら、グーパンチで空気を抜き、あっという間にまるめていくと

写真 2017-11-17 18 42 00

ここから一気に、ざらざらだった表面が、師匠の手ですべすべ美肌になっていきました!が、わたしがやると、、、こね鉢にくっついちゃってくっついちゃって、100回なんてできない~と叫んでいたら

写真 2017-11-17 18 42 11

下に向かって押すのではなく、横に押して持ち上げる、のだそう。それでも、さっきのお粉と水と同一人物とは思えないほど重たくて、持ち上げるのも一苦労。

写真 2017-11-17 18 46 45

そしてここから憧れの麺棒でのし! ちなみに打ち粉とは、小麦粉とは別物ってご存知でした?わたしは初めて知りました。たっぷり打ち粉をかけてスタート。

写真 2017-11-17 18 46 41

緊張して恐る恐る押していたら、最初は体重を乗せても大丈夫とのこと。師匠が一回、麺棒を手前から奥へ転がすだけで、ワタシがやるよりも2倍の大きさにワッと広がっていきます!もうさっきからずっと手品かマジックを見ているような感覚です。

↓ 次の写真の3コマのゆにの手の位置に注目。麺棒は、真ん中から外に手をずらしながら押していく、という憧れのアレですね。しかし、ゆにの手はパーになっちゃってますね。師匠の手はグーでした。

写真 2017-11-17 18 48 09

写真 2017-11-17 18 48 12

写真 2017-11-17 18 48 15

た、楽しい(≧▽≦)。

向きを変えるときに麺棒に巻き付けるあたりから緊張感が増してきました。切れちゃったらどうしよう…

 ↓ 巻き付けて
写真 2017-11-17 18 49 39

 ↓ 90度に向きを変えて

写真 2017-11-17 18 49 43

 ↓ 広げる

写真 2017-11-17 18 49 45

丸く広がっていたものを、だんだん四角く広げていきます。

写真 2017-11-17 18 54 52

写真 2017-11-17 18 54 54

楽し~(≧▽≦) もっと薄く延ばすと触感が変わるそうですが、初心者なので破れない程度に。400g+水200でこれぐらいまで広がるんだ~

写真 2017-11-17 18 56 51 (1)

折りたたむときが一番気を付けないといけないそうです。破らないように破らないように。まずは師匠のお手本。布を引くようにさらっと乗りました。

写真 2017-11-17 18 56 56

「何も考えずにここまで持ってくる!」と言われて(それなら得意かも…)と、とにかく何も考えずに、折りたたむというより、ただ引っ張って運びました(^^)

写真 2017-11-17 18 57 18

麺切り板に移して…

写真 2017-11-17 18 57 36

そば包丁はこう持つ!

写真 2017-11-17 18 58 31

師匠はめちぇくちゃリズミカルにトントントントン切り進んできます。でもじつはそこに細かい動きがあって

写真 2017-11-17 18 59 00

1、駒板を左手で抑える 2、包丁を真下に降ろす 3、駒板から左手を放す 4、包丁をちょっと左に倒して駒板を進める を繰り返す!

3、で左手を話さず駒板を押し付けたまま、左に駒板をずらすと、下の蕎麦が伸びちゃうので、必ず左に駒板をずらすときは一度左手を話さないといけないわけですが

写真 2017-11-17 18 59 04

これがもうですね~出来ない(ーー;) 緊張マックス! そろ~りそろ~りゆっくりやっているのに、左手を放すところで抑えっぱなしになっちゃったり、抑えないまま切っちゃったり、こんがらがってちんぷんかんぷん(^^ゞ

写真 2017-11-17 19 00 14

結局最後に切った太さがバラバラだと、歯触りも違えば、ゆで時間にも差が出ちゃうってことなのですが、こればっかりは経験を積まないとですね。

写真 2017-11-17 19 00 25

いや~難しい!でも、楽しい(≧▽≦)!簡単ではないからこそ、ハマるんだろうなー。

写真 2017-11-17 19 00 25

こちらは師匠のお蕎麦です。美味しかった~。秘伝のつゆといっしょに、集まったいつものメンバーとツルツルっと♪

写真 2017-11-17 19 48 17

毎年恒例になっている知恵の和会。秋は師匠の手打ち蕎麦と牡蠣まつり♪ 

写真 2017-11-17 19 30 26

↓ アンコウで出汁をとった鍋のお蕎麦は、太めに切ってあるそうです。

写真 2017-11-17 21 00 13

こちらがモンペを貸してくれた女将さん。蕎麦打ち道具もこの日は女将さんの道具を一式お借りました。あれもこれも用意してもらっちゃって、着替えから、片づけから、宴会まで、すっかり甘えっぱなしの一日でしたが、また迷惑かけに行ってもいいですか(^^ゞ

IMG_1132

ふらここ(割烹 小松)@赤坂
https://www.hotpepper.jp/strJ001102515/

気づけば、研究所の皆さんとの出会いも私にとっては10年目突入。あの頃描いていたサービスが、今ではあっちでこっちでニュースになっている!未来を描いた体験に改めて感謝しながら、今年は一つ一つジロジロ見入って蕎麦をすすりました。秘伝のおつゆもまた美味しいんです~

念願の枕をいただきました!2017/11/11会社設立(&入籍)9年目

念願の枕(!)を
会社設立&入籍9年目祝いで
買ってもらいました
写真 2017-11-11 14 33 35

ご存知ですか?高知土産で有名な
まじめなお菓子ミレー

その枕サイズ(パーティーサイズ)です♪
ワオー!この大きさ、分かるかな~。
これを独り占めできるなんて!!!

写真 2017-11-11 16 21 57

わたしが入院中に手術前の最後の晩餐に
ミレービスケットアイスを食べていた
http://yunibow.ldblog.jp/archives/52098258.html
のを覚えていてくれた友達が
こんな素敵なお祝いをくれました♪

「他にもいろんな枕があったらいいな~」
と、うまい棒?アーモンドチョコ?と
色々あげてみたけれど次なる候補は
「麦チョコの枕がいい!」と
まじめに話していまいました。

写真 2017-11-11 15 30 59

ちなみに↑よく見ると注意書きがありました。
[お断り]くれぐれも枕には使わないでネ‼
本当に使うと割れたりするから

はい、気を付けます(^^ゞ

誕生日すら忘れてしまうので
11月11日「いいねいいねー」の日を選んで
会社を設立(&入籍)したのに
ほぼ毎年忘れてしまうところ
今年は土曜日に友人と遊ぶ約束を入れていたおかげで
プチお祝いできました(^^)ありがたい。

まじめなお菓子ミレーにあやかって
お仕事で心新たに思うまじめな話は⇒こちらで。

只今「グラフィックファシリテーター」の
商標権の更新申請作業中です。
10年目に更新作業が必要ってご存知でした?

京都の法事先は観光地

京都 大徳寺 総見院
ただいま特別公開中。
http://kyotoshunju.com/?temple=daitokuji-sokenin
写真 2017-11-04 9 45 06

羽柴(後の豊臣)秀吉が、
本能寺の変に倒れた織田信長の
追善菩提のために建立した大徳寺総見院。

写真 2017-11-04 9 55 24

義父三回忌で来たのですが

写真 2017-11-04 9 44 58

奥はこんな茶室や間があるのです。

写真 2017-11-04 9 46 04

写真 2017-11-04 9 45 40

確かにせっかくなら
みんなにも見てもらいたい!

写真 2017-11-04 9 47 54

訪れたのは2017年11月04日。
昨年より3週間ほど早いだけで

京都もまだ温かかったです。




写真 2017-11-04 9 46 23

2016年11月27日 寒そう↓
http://yunibow.ldblog.jp/archives/52096926.html

写真 2017-11-04 9 47 23

写真 2017-11-04 9 47 00

写真 2017-11-04 9 46 45

写真 2017-11-04 9 49 10

法事は入ってすぐ右手のこちら↓
ここに木造織田信長公坐像が
鎮座しています。


写真 2017-11-04 9 49 42

写真 2017-11-04 9 56 10

写真 2017-11-04 9 55 40

写真 2017-11-04 9 55 24

写真 2017-11-04 10 37 15

写真 2017-11-04 10 37 56

入って左手のツバキ(ワビスケ)
もご覧ください。

写真 2017-11-04 9 42 49

泉仙(いづせん)の鉄鉢精進料理

写真 2017-11-04 11 01 14

さいごすべて食べ終わると鉢が
マトリョーシカみたいに
入れ子となって一つになります。

美味しすぎてお腹いっぱいで
写真をいつも撮り忘れる…

大阪行ったらまた行く!中之島図書館 2階 北欧の郷土料理オープンサンドSmørrebrød (スモーブロー)

「スモーブロー」とは
北欧の郷土料理オープンサンドのこと。
オープンサンド大好き~

2017-11-07-10-05-05

つい先週土曜の日経新聞で
文化財カフェとして紹介されていたお店。

image

中之島図書館 2階 にこんな素敵な
カフェがあったとは!知らなかった

image

偶然お仕事で来ていた大阪。
しかもお客様の会社のそばではないですか。
早速、絵筆仕事の前に寄っちゃいました。

9:00からオープンなのが嬉しい

2017-11-07-09-59-03

オーダーしたのは
モーニングセットC set (ビーフ)   1,000円

牛肉の自家製ハムとレムラードソース スモーブロー
サラダ・かぼちゃのスープ・セットドリンク

A set (サラダ) B set (エッグ)も
ランチメニュー 11:00-15:00も美味しそう!
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27091150/dtlmenu/lunch/

モーニングセットのホットコーヒー・紅茶は
おかわり自由なのも嬉しい~!

2017-11-07-10-04-36

上の黄色いのがレムラードソース
玉ねぎのみじん切りがいっぱい入っていて
酸味が効いててハムに合う!

そしてさらに何層にも重なるお肉の下には
ジャガイモと酸味の効いた
カリカリに焼いた薄いドイツパンが
敷かれているのですが

美味しすぎて写真を撮り忘れた

2017-11-07-09-56-35

店内の窓から見える紅葉した木々と
日差しが本当に美しく静かな空間…
席数も結構あって空いてました。
穴場?!土日は混んでいるのかな。

2017-11-07-09-56-26

お水はセルフサービスで、
・普通の水
・フルーツのデトックスウォーター
・野菜のデトックスウォーター
なんてチョイスも用意されてました。

とにかく大阪で絵筆仕事の前に
資料も読み込めて、これから
立ちっぱなしの長時間仕事に
耐えうるボリュームで
大満足のモーニングでした。

2017-11-07-09-49-32

図書館の入り口がまた圧巻です~
入ったところと天井はこんな感じ。

2017-11-07-09-51-54

2017-11-07-09-52-07

右手の細い廊下の奥がお店です。

2017-11-07-09-52-16

スモーブロー キッチン ナカノシマ
(Smorrebrod kitchen Nakanoshima)
2017-11-07-09-52-52

中之島の緑道も、快晴の早朝の中
いつも以上に美しく感じました。

写真 2017-11-07 9 48 08

大阪市役所と大阪市中央公会堂 ↓
にはさまれて立つ図書館は府立です

写真 2017-11-07 9 47 36


20年ぶりの宝塚☆ 宙組公演

🎉20年ぶりの宝塚☆ 連れてってもらいました❣️


観劇前に、目の前の日比谷シャンテの一階にできたキハチで食べたフルーツサンドはあんこ入りで最高😋でも今回は花より団子〜ではないですヨ。団子も花も最高でした💐

✨キラッキラ✨な世界に、オペラグラスが手放せず、奥や端にいる人たちまで、あっちこっちと頭を降って追いかけてしまいました😍


身のこなしから、衣装、アクセサリー、その奥の舞台装飾まで、双眼鏡から凝視する様は、覗きをする輩と間違われてもしょうがない😅

宙組公演@東京宝塚劇場
「神々の土地 ロマノフたちの黄昏」
「クラシカルビジュー」
ドミトリー :朝夏まなと
イリナ(イレーネ):伶美うらら 
フェリックス:真風涼帆(まかぜすずほ)

個人的にはフェリックスに目が釘付けに😍


この真風涼帆さん、なんと熊本県菊池郡出身 県立大津高等学校卒業と判明。大津といえば昨年ずっと絵筆でお手伝いさせてもらっていたところ。
これはもうご縁としかいいようがない(^^)

それにしても、あっという間の3時間の観劇を前に腹ごしらえし過ぎ?

こんなタカラヅカビギナーに、手ほどきしてくださる方いましたら是非ご教示ください♪ 


上の写真:ふわふわスフレの鰻丼!これまたスプーンが止まらなかった。美味しーい❣️じつは、KIHACHIのフルーツサンド の前に、この「うなぎのスフレオムレツ」と、煙モクモクのパフォーマンスをウリにした「 間スモークのハンバーグごはん」も頼んだのですが、こちらはだいぶガッカリでした。キハチさん、あれはないよー。土曜日お昼に並ばず入れました。

イカは追跡型 タコは待ち伏せ型

イカもタコも
先祖は貝だったなんて
知らなかった!

image

日経新聞の
マーケット商品欄が
面白すぎる、、、(^^)
2017/10/21 朝刊

8月にリハビリ@伊江島(沖縄県)

写真 2017-08-16 17 09 47

与論島から沖縄本島に戻っても合宿状態は続きましたー。再び本島から船に乗って今度は伊江島へ。

写真 2017-08-16 12 51 29

行かれたことありますか。タッチュー(城山)の頂上から360度ぐるりと見渡せるグラデーションする碧い海と空の大パノラマは「地球は丸い!」って叫んじゃうくらい素晴らしいです。

写真 2017-08-16 12 50 40

しかし、てっぺんに辿り着くまで、レンタサイクルしたママチャリで、立ち漕ぎしても登れない急な坂道に半泣きしながら、前方遠くから「いいトレーニングやなあ〜♪」という声に返事もできず、二度目は無いと思ってました…(ー ー;)。

写真 2017-08-16 12 09 12

写真 2017-08-18 7 49 10

港からひたすら登り坂の車道をこぎ続け、すでに心臓バクバク汗ダクダクなのに、登山口からさらに待ち受けていた急勾配な300段以上もの階段を「めっちゃ、ええトレーニングやあ〜♪」と無駄に三段飛ばしで登って行く家人。

写真 2017-08-16 12 15 58

写真 2017-08-18 7 51 33

確かにこれまでの休暇もいつもこんな感じで過ごして来ました。気づけば20年超。これまでとなんら変わらない夏休み。でも、さすがに今回はまだまだ膝が心配…。船の上でもらった先輩からのメールには「もう脚は大丈夫?うちの本社まで来れる?」なんて言葉も頂いてありがたいなあと思ってたところ。

写真 2017-08-18 7 51 55

しかし
、先に到着した家人は、山の中腹にある展望からこちらを見下ろし「前だけを見て登るんやあ!後ろには絶景が広がってんで。てっぺんで見たら感動すんで。だから振り向かず前だけを見るんやあ♪」「……(ー ー;)」日差しの強さにめまいを感じながら頭の中には、ロッキーが階段を駆け上がるトレーニングシーン…。確かに友人たちの言う通り、何かがおかしい…。ロッキーちゃうわー!とツッコミ返したかったけど息が切れて声がかすれて言葉にならない。
写真 2017-08-16 13 07 07

ようやくてっぺんにたどり着いてヘタレていたら「まだまだやな〜♪」再び三段飛ばしで降りていく(しかも日に日に焦げて行くので木陰に入ると見失う!)後ろ姿を追いかけながら、膝をガクガクさせて自転車置き場まで降り、この後も、島の滞在5時間をめいいっぱい使って、ひたすらチャリで走るか、階段を登るか降りるか、ビーチを潜るか泳ぐかし続けて、港へ帰ってきました。

写真 2017-08-18 7 53 07

沖縄本島への帰りの船の中でメールの確認をしていたら、「夏休みは3日くらい?バカンス楽しんできてね」とか「ストレス発散してきてね」というメッセージに素直に「はい!」と言えない自分に気づきました。バカンスって何?

8月にリハビリ@与論島(鹿児島県)


DSC00851

8月にリハビリ旅だと称して沖縄から船で渡った先は初の与論島。オンシーズンなのにどのビーチもほぼ独り占めできるこの空きようはスゴイー。
海好きのみなさんぜひ来てみてね!

写真 2017-08-15 9 08 55

年末の事故でこられなかった沖縄のリベンジから足をのばして来ています。傷跡が見えなくなるくらい焼いてやるぅ〜!しかし、与論島でも、すべてのビーチをはしごして5時間超のシュノーケルという家人との休暇はいつもと変わらず、ゆににとっては今年はよりハードなリハビリ合宿状態です( ̄▽ ̄)。正直、すでに左膝は泣いてます…痛い…。

写真 2017-08-15 7 18 34

宿泊先も懐かしい民宿でまさに合宿状態…。一昨日はでっかいゴキブリに泣きながら、でもこの沖縄よりも本当に美しくて青い!蒼い!碧い〜ッ!この空と海ならがんばれる〜( ̄^ ̄)

6A926F75-17F6-400D-8B45-AF7FDEFDBD50

この後、本部港へ戻って沖縄ビーチと山原森の中合宿は続きます…伊江島にも渡って自転車でタッチューに登ることになってるんですけど、ハワイのダイヤモンドヘッドを自転車で登って膝が腫れた悪夢を今から思い出しています…

9月末の診察で「そろそろ左脚に入っているプレートと10本のねじを取る手術の時期ですね。年末か、年明けか、、、。次回CT撮影して確認しましょう」と言われて、夏の楽しくも過酷な?リハビリ旅を、緊張の手術前のお守りにとアップしています(ーー;)

人生訓いっぱいのピーナッツワールド@スヌーピーミュージアム

ようやく行けました!
念願のヌーピーミュージアム(^ ^)


急きょ、時間ができたので、
台風一過の朝から出かけて
最高の空〜!

前売り券を買った人が優先で
当日券の私たちはなかなか
入れてもらえなかったけど

待ち時間20分…いつもなら
絶対並ばないけど!!!

我慢して並んだ甲斐が
ありました!

開館1周年記念!(〜9/24までは)
「ピータッツ ギャング オールスターズ」

登場人物、勢揃い!


とにかく原画が、いっぱいで!


鉛筆の後とか

 

紙を切ったり貼ったりとか


墨部分の色塗りの感じとか


最高でした(≧∇≦)



入場券は一人一人違います。


今日の日付で違う年代の
四コママンガを手渡されます。



初期の頃の
チャーリーブラウンや
スヌーピーも見られます。



谷川俊太郎さんの訳のついた
スヌーピーのマンガは
小さいときから今も家にあるけど


原画がこんなに見られて
しかも写真、撮り放題!


行けない方はサイト上で
楽しんでくださいねー(o^^o)













スヌーピーにきょうだいが
5人(匹?!)も居たなんて
知ってました(^ ^)?!

柱までスヌーピー…

他にもこんな友だちがいたらしい!

いつも砂埃を撒き散らしている
ピッグペンのなんと石鹸が
売られてましたー

ただ併設されている
ミュージアムショップには
買いたくなるものがない!
ムゥ〜( ̄^ ̄)

どれも、あとちょっと…

レジの女性スタッフさんが
無駄に多いのが気になった…
10人超えでズラ〜っと…

お土産として売りたい気持ちが
全面に出過ぎてて
見てて辛かった〜。

『ちいさいおうち』ヴァージニア・リー・バートン

竹中工務店本社1階にあるギャラリーGALLERY A4(ギャラリー エー クワッド)で開催中
image

ヴァージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』
―時代を超えて生き続けるメッセージ―

写真 2017-08-07 12 47 01

といってもじつは開催は今日まで。

写真 2017-08-07 12 47 27

ご近所なのになかなか立ち寄り忘れてしまうという贅沢をしていますが、久しぶりにギリギリですべりこみでのぞいてきました。

写真 2017-08-07 12 47 37

展示をいくらでも撮影できるのが、ここのよいところですが(画質の悪さはおいておいて)

写真 2017-08-07 12 48 54
写真 2017-08-07 12 48 06
写真 2017-08-07 12 48 17

一人一人の描き方に動きがあって見いっちゃいます!

写真 2017-08-07 12 48 35
写真 2017-08-07 12 49 09
写真 2017-08-07 12 49 29
写真 2017-08-07 12 49 19
写真 2017-08-07 12 49 19
写真 2017-08-07 12 40 54

↓ 一部の展示のきれいな画像がここで見られます
http://www.a-quad.jp/exhibition/083/p01.html

写真 2017-08-07 12 46 44
写真 2017-08-07 12 46 36
写真 2017-08-07 12 46 27
写真 2017-08-07 12 46 27

写真 2017-08-07 12 39 37

 ↓ 裸の王様

写真 2017-08-07 12 46 06

上記URLから心に刺さる言葉を以下抜粋してみました。(会場でも紹介されていたコメントです)

写真 2017-08-07 12 37 59

バートンはメンバーにそのものをよく観察し、あらゆる角度からスケッチを重ね、そのものの本質をつかみとれば誰でもデザインは出来る、「コピーはだめ。そのものを見て、アイディアは自然から直接もらうのよ。」と繰り返し強調しました。

写真 2017-08-07 12 38 33

写真 2017-08-07 12 38 50

写真 2017-08-07 12 38 58

写真 2017-08-07 12 39 13

ご長男のインタビューもありました。
(アリスティデス・デメトリアス氏)

写真 2017-08-07 12 37 04

A「母は、あらゆることに美を見出しました。」

写真 2017-08-07 12 38 18

写真 2017-08-07 12 37 20

写真 2017-08-07 12 37 36

写真 2017-08-07 12 43 27

ヴァージニア・リー・バートンはフォリーコーブ・デザイナーズを指導しながら、専門の美術教育を受けていない人にどのようにデザインを教えるかという方法論と、デザインは誰にでも出来る日常の自己表現である、という彼女の信念を詰め込んだ本『DESIGN AND HOW!!!』をホートン・ミフリン社の依頼により出版することを1940年の初めに決め、1949年には契約を結んでいます。

写真 2017-08-07 12 43 35


写真 2017-08-07 12 43 44

デザインは自分自身の知識や興味から直接探さないといけない、という理念を伝える丁寧なテキストブックとなっています。彼女は最も美しいデザインは1:2:4という比率でなりたっていると考え、繰り返し、比率によるデザインを試みました。「Fish Story」や「Swing Tree」は小魚やりんごの樹が2倍、4倍になって全体が構成されています。

写真 2017-08-07 12 43 57

写真 2017-08-07 12 44 06

写真 2017-08-07 12 45 07

写真 2017-08-07 12 45 12

Q「ものを創り出すために重要視したことは何だったのでしょう?」

写真 2017-08-07 12 37 46

A「第一に、好きなもの、目にしたもの、理解したものを大事にしたと思います。デザインするというのは、よく理解することで、そうでなければデザインはうまくいきません。だから、すべてにおいて愛と情熱が必要です」

写真 2017-08-07 12 39 32
写真 2017-08-07 12 45 37

 ↓ タイトルは『うわさ話』
写真 2017-08-07 12 33 03

フォリーコーブ・デザイナーズのファブリック

写真 2017-08-07 12 33 47

写真 2017-08-07 12 33 54

Q「デザインするときに大切にしたことは何でしょう?」

写真 2017-08-07 12 34 06


A「母にとって大切なことは、愛すること、十分に吸収すること、そうすれば、デザインするときの要素が見つかります。」

写真 2017-08-07 12 34 26

写真 2017-08-07 12 34 36

A「たとえば花の要素は、円に見えるかもしれない。花ではなく、円を見るというようなことが大切です。」

写真 2017-08-07 12 34 52

A「そして、この二つを組み合わせなければなりません。別の言い方をすれば、花を抽象化しなければなりません。それがデザインです。」

写真 2017-08-07 12 35 15

写真 2017-08-07 12 35 30

写真 2017-08-07 12 35 55

写真 2017-08-07 12 36 24

写真 2017-08-07 12 50 24
 ↑ タイトルは
「ダブル ノックアウト」!
(*^^*)
月別
最新コメント
●ゆに(^o^ )●
職業:グラフィックファシリテーター
趣味:よそ見 より道
blogPHOTO
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
  • 念願の蕎麦打ち弟子入り!
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ