裏ゆに:いいねいいねー

【公式】サイトもどうぞよろしく グラフィックファシリテーション.jp

まだ正座はできないけど、リハビリ通院は5か月で卒業

絵日記を描くスタミナがなかなか戻らずサボっていた絵日記を久しぶりに更新です。只今、杖を持たずに歩き始めて1ヶ月。見た目は普通に歩いてます。大笑いしてます。仕事も普通に復活しています。

ただ、まだ、正座ができません。膝がつけません。走れません。階段の昇り降りもヒョコヒョコガクガクです。駅で後ろから人が来たら、大慌てで手すりにしがみついて片脚で飛んでしまいます。リハビリのF先生曰く「飛んじゃダメ。体重乗せないと筋肉もどらないよ」。…そうはいってもね…。

2017-05-27-23-41-18

退院した直後は呑気でした。3月末には普通に歩けると思い込んでいて。でも、おととい5/26で、リハビリ通院が終了しました。リハビリ通院できるのは、術後、最長5ヶ月までというのが国の決まりなのだそう。この期限が見えてきた5月のあたまに、初めて焦りはじめました。

とにかく傷の周辺の皮膚のシビレが取れない。ビリビリじんじん。ズボンをはくだけでも、膝なんてついたら、ヒ~ッ!「シビレはどうしたら消えますか?マッサージ?塗り薬?」先生たちは「う~ん…」「皮膚は…リハビリでは治らないよね…」「少しずつ消えるかもしれないし、ずっと残るかもしれないし、プレートを外す手術をしたら変わるかもしれないし」「人に寄るんだよね…」

一方で、他の患者さんで、リハビリ通院を早々に切り上げて「後は自分でやります」と言う人の話を聞くと、「わたし気持ちで負けている?」「甘えてるのかなあ」と悶々としてました。でもそのたびに「田中さんは2ヶ月入院していて6週間も足をつかなかったんだから、他の人とは違う」「いい加減にリハビリすると後に残るよ」とのなだめられ。


「今日の調子はどう?」という何気ない問診から、じつは、リハビリのF先生からは、本当にものすごく大事なことを教わりました。さいごに言われたことは忘れないようにと描いたのが上の絵。

「リハビリが少し進んでくると、みんな昔のよかった状態と比較しだすんだよね。でもそれをやってると『まだ出来ない』『まだ出来ない』とブラックボックスにハマっちゃうから…」と言われた話を絵にました。

これってまさにわたしが普段GFの仕事でお客さまたちが抜け出せなくなっているモヤモヤにそっくり(;一_一)CAN’Tの壁…。人のモヤモヤはわかっても自分のモヤモヤには全然気づけてない…。

「出来てきてる、田中さん、だいじょうぶ」
「先週は階段上がるときも痛いって言ってたけど、今日はスムーズに上がったじゃない」
「入院中に初めて足をつけたときからみたら、すごいよね」

確かに、足の裏がつけたときの感動は忘れません ↓ 
http://yunibow.ldblog.jp/archives/52100100.html

「初めて松葉杖で歩行する、片松葉になる、T字杖になる、杖を持たずに歩く、新しいことをするたびに、身体が疲れて思うように生活できないのは、ある意味しょうがないこと。逆にそれを恐れて楽なリハビリしかしなかったら意味がない」

その言葉で描けてきたのが上の絵の、凸凹した鋸山みたいな絵。

山あり谷あり、ではなくて
谷あり山あり、と思っていたらいいのね。

「何度やっても凹んでいるわたしは学習していないなあ」と笑えてきました。そもそも頭の中では「ずっと一直線で右肩上がりで上がれるもの」と思い込んでたんだ。「6月に入ったら走れる」というのも私の頭の中では「猛ダッシュできる」イメージでした。だれもそんなこと言ってないよね。「まずは早歩きでしょ」「その後少し駈け出してみて…」F先生の言う通りです。

2017-05-27-23-42-29

無意識に「比較している」ことで、自分で自分をだいぶ見失わせているんだなあ。

先日、退院祝いをしてくれた友だちと話していたときも気づきました。

わたしはずっとお見舞いの言葉の中で「災難だったね」という言葉が気になってました。心配して「災難だったね」と言ってくれる人たちがたくさんいてくれて、でもわたしとしては「災難だった」とは思ってもいなかったので、この漢字二文字を頭にも心にも持ち合わせておらず、「違和感があるんだよ~なんでかな~災難ってなあに?」と話をしてました。「だってさ、同室のがん患者さんに比べたらさ…」すると友だちに「がん患者さんと比べてるとは思ってなかった」と言われました。確かに。周りばっかり見てないで、自分のことをちゃんと見よう(^^ゞ

2017-05-27-23-42-51

それでも、「もうリハビリに通えなくなる」と思うと、つい不安が口をついて出てしまう私に先生は一言。

「田中さん、だいじょうぶ。ひざが知ってるよ」

ひざが知ってる?! ハッ!そうだ~~~ッ!って感じでした。ひざの声、わたし聞いてなかった、自分以外の周りばかり見てました、聴いてました。仕事では「絵筆が教えてくれる」と言い続けているのに、自分のこととなったら、、、

「田中さんは、そのスピードで歩けているんだから上出来だよ」
「普通の人だって階段上るのシンドイのに、それだけ出来てるならいいよいいよ」

なんだかようやく先生の誉める言葉がきちんと耳に入ってきました。じつはめちゃくちゃたくさん誉めてもらってたのに、ちゃんと聞いてなかったんだ。

リハビリ通院卒業を気に、わたしを支えてくれた松葉杖のしくみを忘れないようにと、これも絵にしておきました。昔ギブスで松葉杖をついていたときは両腕が筋肉痛になってぶっ倒れていて、松葉杖の素晴らしさが分からない人でした。入院していても「片松葉ってなに?」「どうして足がつけるのに松葉杖ついているの?」退院しても「あのおばあちゃんはT字杖を持ってるのに今走ったよ」と、「???」状態だったわたしです。でも今ではおかげで、街中で松葉杖やT字杖をついている人と出会ったとき、見守る気持ちがすっかり変わりました。

2017-05-27-23-43-08

リハビリ通院期間が5か月で終了という決まりができたのはここ数年のことのよう。F先生は「脳梗塞の人にとって5ヶ月なんて短すぎるよね」と言ってました。実際、患者さんに「お金を払うからリハビリしてくれ」と言われることもあるそう。でも病院勤務の理学療法士さんたちは、先生の指示があって初めて治療ができるのだそう。リハビリの先生たちは、医療や介護の現場のいちばんもどかしい部分に居るんです。

2017-05-27-23-44-01

さて、あわせて、東京メトロさんに対してのやりとりの進捗状況もご報告しておきます。「自分で調停をやる」と決めたのですが、その後、じつはある素敵な弁護士さんをご紹介いただき、少し時間をかけていちばんいい方法を模索中です。「相手がメトロ=無理」という答えではなく「最善の答えは1つしかない」「あらゆる可能性を探ってみましょう」と言ってくれました。私が東京メトロに提出してきて(反応の無さに凹んだアレ⇒http://yunibow.ldblog.jp/archives/52102445.html)も受け取ってくれました。

しかしそうはいっても裁判になっちゃったら金額がどうにもネックです。相談料だけでも30分=5000円が相場という弁護士さんたち。それなのに先生は「グラフィックファシリテーションをどうして始めようと思ったの?」とニコニコ聞いてくださる。さすがに途中で気になって「ぶっちゃけ先生、いくらかかるんですか。それによっては…」という私に「そうだよね~コワいよね~」とニコニコ。明朗会計なお話をいただきました。そして「田中さんは恨んでるわけじゃない。前を向いている。リハビリと仕事に専念してほしい。過去のことはプロに任せては」という言葉に腰がくだけそうになりました。実務の段階で、リアルに一人じゃないって、いいなあと。

ただ、そんな訳できちんとした情報収集が始まり、これまでみたいに色々ブログに書くのはしばらく控えましょうね、という話になりました。わたしとしては早速もう絵にしたいことだらけなんですけど!

と長くなりましたが、気長にゆきます。

T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!

T字杖に移行しました。
T字杖とはよく高齢者がついている杖ですね。
これも実母のおさがりです。
2か月もの間、わたしのパートナー
松葉杖ちゃんたちとも昨日でお別れ★
(奇しくも熊本地震1年のその日!)
なんだか手放すのがさみしくて
記念撮影してしまいました。

写真 2017-04-14 9 48 40

そして久しぶりの絵日記です。
とにかく松葉杖のおかげで
ありがとうがいっぱい!で(^^)

写真 2017-04-15 9 43 11

写真 2017-04-15 9 43 22

でも素敵な体験をすればするほど
その逆の出来事にも敏感になってしまい…

質の悪い客にもなっていたかも(^^ゞ

写真 2017-04-15 9 43 34

ただ、松葉杖をついて見えた世界は
これからますます高齢化が進む社会で
求められる企業の姿ともいえることは
間違いなく…。

高齢者の代わりに
声を大にして言いたいこと
いっぱいメモしながら
歩き続けた2か月でもありました。

しかしT字杖をついているのに
二本の松葉杖を持ってこいって…
うーむ…持てるのか?と思ったけど
肩にうまくかかりました(^^ゞホッ

写真 2017-04-14 10 23 48

ところで松葉杖は基本病院から
レンタルする=レンタル料がかかります。

レンタル料は病院によって違いました。
救急車で行ったS病院は1日いくら
(正確な金額を忘れました)という計算で
「買ったほうが安い」と言われました!

要らない…(^^ゞ

ゆには松葉杖もつけないまま転院したので
転院した先で借りました。

こちらは月単位でレンタル料発生。
毎月2000円×2か月でした。
(2017年2月15日退院~4月14日)

写真 2017-04-14 10 18 53

ちなみにレンタルした松葉杖には
大きく病院名のシールが貼ってあります。
これはどの病院も同じよう。

ということで、町で松葉杖を
ついている人を見かけると、つい
「どこの病院かな?」と杖をジロジロ
見る癖がついてしまいました~。

傷口まわりはビリビリと
シビレが今だとれなくて
(これは筋肉が戻っても残るかもと言われて)
ちょっと凹んではいるのですが、
春のおかげもあってリハビリがんばれそう。

走れるのは予定では6月。
無理せずサボらず
T字杖での歩行を増やして闊歩しまーす。

*高齢者にやさしい人がいるお店
写真 2017-04-04 17 56 29
写真 2017-04-04 17 51 43
写真 2017-04-04 17 59 38
ファミマとデニーズの写真は
撮り忘れた

 それにしてもコンビニのドアは
どうしてこんなに重いのか?
写真 2017-03-03 16 40 57
シルバーカーを押す母は
扉を開けられないので入らない。
 

デコ、ボコ、がいいチームをつくる(*^^*)

*以下、でこぽんの微妙な(!)
向きの変化をお楽しみください♪

絵筆でお手伝いに行かせてもらっている
熊本の東陽町から、
「お見舞い、送るけんね~」と
電話があった2日後…
image
「でこぽん」が届きました~!

しかもこんなにどっさり(*^^*)
2017-04-05-09-23-12
1つ1つがものすごく大きくて

何より「デコっぷり」が
どれも違って1つ1つ個性的で

あっち向いたり
こっち向いたり…

バラバラな
このデコポンたちを
眺めていたら

チームも、組織も、
最初はみんな
こんな感じだなあと思えてきました。

で、↓まずは3~4人ずつ集まって
ネガを吐き出しましょう!と
ワールドカフェダイアログ。

2017-04-05-09-24-40
 ↑ 3~4個のでこぽんたちが
でこを突き合わせて

「このままでいいの?」
「こんな状態、本当は嫌だな…」

ぽつりぽつりと吐露しています…

「でも今のこの状態を放置したら
 どうなっちゃうんだ、俺たちは…」

で、次に全体共有。

2017-04-05-09-25-22
↑ 真ん中に向かって
みんなが1つになって
話し合っています。

「な~んだ、みんな気持ちは同じ」
「ネガはポジの裏返し」
「好きだから
 腹が立つ、いらいらする、
 気になってしょうがない、
 ほっとけない」
「やっぱりこの町が人が好きだから!」

そして未来に目を向けて

2017-04-05-09-25-53

「最悪な未来にしないためには
 どうする?どうする?」
「どうしたい?」(WANT!)

このデコポンを贈ってくれた東陽で
昨年12月に描いた絵巻物とそのときの
地域ブランディングWSの様子はこちら
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=439
「熊本・東陽(とうよう)売り込み隊 作戦会議」

そして今年2月に
入院中に描いた
東陽の未来絵がこちら
998

「いろんなワンダー(不思議や驚き)を
ハンティングできる町 東陽」

「苔ハンティング」
略して「コケハン」
「でこぽん狩り」
ならぬ「でこハン」…

そしてなんとこのワークショップで
生まれたアイデア
「苔ハンティング」が
4月から本格始動する
という嬉しい話も聞けました!

2017-04-05-09-28-12

ちなみに、「デコポン」とは
正式な品種名は「不知火(しらぬひ)」
といい、その中でも基準をクリアした
選ばれし者なのです。

(以下wikiより)
熊本県果実農業協同組合連合会が
所有する登録商標であり、全国の
柑橘関係農協県連合会を通じて
出荷された不知火(しらぬい)のうち、
高品質を保つ一定の基準
(糖度13度以上、酸度1度以下)を
クリアしたものだけが「デコポン」
の名を使用することができる。

写真 2017-04-09 7 25 27

いただいたデコポンはつやつやで美しく
味は優しい甘さでとってもジューシー。
東陽の人たちそのものでした(*^^*)


誕生日の日にGF復帰第一弾という なんとも嬉しいプレゼント

昨日0324誕生日の日に、
GF復帰第一弾という
なんとも嬉しいプレゼントを頂きまして、
片松葉で13:00〜20:00の8時間
描いてきました
💪

でもやっぱり気づけばさすがに両膝がヘロヘロで💦


17309729_1373816912640891_3587058786195158368_n

しかも帰りの電車はあの時と同じ時間と混み具合で…
ふと
😖よぎったのですが、
親切なサラリーマンの方がさっと立って
席をゆずってくれて、なんとか家に帰ってこれました。

17342754_1373816919307557_966003015743783792_n
しばらくぶっ倒れていて、
ああでも明日も早いからと
お風呂に這っていって、
湯船で一眠りして、
今ようやくフゥ〜です。

そしてfacebookの嬉しいお祝いメッセージを見つめて
涙じんわりです。あっという間の1日の最後を
こんなふうに迎えられるとは。
怪我してから涙腺弱くなってる?
みなさま、本当にありがとうございます😢

東京地下鉄メトロ門前仲町駅の駅長さんに、思いをまとめた手紙を手渡してきたのですが…

今日でちょうど事故から3ヶ月。
事故2016年12月19日
→今日2017年3月19日。

2017-03-19-16-20-38

ふと、思いたって
東京地下鉄メトロさんに手紙を書いて
今しがた、あの日、お世話になった
門前仲町駅の事務室へ
行ってきました。

2017-03-19-17-18-58

メトロ職員さんたちにとっては
あの出来事は、もはや過去のこと。
きっと「点」に過ぎない。

このサイトで書いてきたことも
全く知らないまま。

でもまだこうして
「線」となって続いていることを

松葉杖をついているうちに
直接この姿を見てもらって、

事故当日のことから
その後の経緯を

知ってもらうだけでも
何か変わるかも!と。

つい思いついちゃって
一気にレポートにまとめて
やってきてみたのです。

民事調停の申し立てをする前に
礼儀としても、まずは自分で
伝えておこうとも思ったのです。

2017-03-18-12-46-27
↑  事故の日、車両から運び出されて
車椅子が到着するまで座っていたベンチ。

すると運良く、
駅長さんが居るとのこと。

わーい!

お会いできました。

ところが、

ところが、

ところが、、、

なんだかな…。

…。


「あ、そうですか」
「それはわざわざ」
「あ、これは頂いていいんですか」
「はい。そいですね」
「はい、はい、ありがとうございます」
「はい、はい」

と、早々に事務室から
送り出されました。

改札まで送ってくれるのかと
振り向いたら、事務室の
扉がすでに閉じてました。

何も、響いていない…?

目の前に居たのに…

伝わらなかった…。

私の言い方が
良くなかったんだろうけど…

まさかこんな対応で
あっさり終わりとは。

そして自分が

まさかこんなに…

凹むとは。

凹んだ…。

凹んだ…。

凹んだ…。

後からじわじわ凹んできた…。

能天気に写真を撮っていた
自分が恥ずかしい。

事務室を出るとき
駅長さんの後ろに
私も乗ったであろう
車椅子が置いてありました。

事務室のある側の
地上までの道は
エレベーターも
エスカレーターもないので
片松葉で一歩ずつ
階段を踏みしめ上がってきたのですが
なんだか下ばかり向いて
歩いてきたせいか
ますます凹んでしまい、

思わず出たところにある
ミスタードーナツに入って
お腹も空いてないのに
ドーナツやけ食い。
コーヒーがぶがぶ飲み。

で、不覚にも
涙が出てしまった。

涙…

なんだかな〜( ̄^ ̄)

余計なことしたのかなー。

「ゆに、そんなことも分からなかったの?」
「ゆに、考えが甘いよ」
「ゆに、だからもう関わるのはやめて
未来だけ見ようって言ったじゃん」

いろんな声が聞こえてきそう…。

手紙の中身は、訴えるという
内容じゃないんだけど。

今後また同じような対応をしないように
当日の出来事の詳細を共有してもらえたら
そしてまだ続いていることを知ってもらえたら
何か変わるのでは。

「急停止は日常茶飯事ですから」と言われたけど
小さな急停止で起こりうる危険を
もっと大事に扱ってほしいだけ。

確かに、私が勝手に
期待しただけ。

でもな〜。

でもな〜。

でもな〜。

とにかく必ず社内で
読まれることだけは
信じ…たい。

事故以来、初めて
自分が救急車まで
車椅子で辿った道を見ました。
2017-03-19-17-21-01

自動シャッターが降りてきてしまい
担架が取り出せなくなった
↓ 駅直結ビルの入り口。
2017-03-19-17-21-16

2017-03-19-17-22-43

2017-03-19-17-23-50

2017-03-19-17-24-42

こんなにも階段があったのか〜。
救急隊の方たちに
改めて感謝です。


 そしてミスドの
『夢のドーナツ』のおかげで
凹んだけどお腹はふくらみ
ちょっと元気になりました。
美味しいってスゴイな〜

熊本県立大学生がクラウンドファインディングで熊本城以外の文化財にも支援を!とサポーターを募集 残り46日

仕事でいつもお世話になっている
*昨年10月の「創造的復興を考える」
 フューチャーセッションの様子&全絵巻物は→こちら
熊本県立大学の学生さんたちが今、
熊本のためにがんばっている活動があります。

無題


熊本地震で全壊した「ジェーンズ邸」を
「ペーパークラフト」で作って、知って、
そして救おう! ↓ サポーター募集 ↓ 
Dreamraising×Students Pickupプロジェクト

ジェーンズ邸って?
ペーパークラフトって?

とわたしは最初「?」「?」でしたが(^^ゞ
以下、よかったらご一読ください♪

なんと
熊本の「文化財」に対する支援金の
集まり方に「大きな偏り」があって、
熊本市役所はじつは今とっても困っているそうです。

「熊本の文化財として知名度の高い「熊本城」には
 日本全国から多くの支援金が集まっているが、
 それ以外の「知名度の低い文化財」には
 なかなか支援金が集まらない状態が続いている」そうです。

そんな悩みを熊本市役所から聞き出した
熊本県立大の学生さんたちがプロジェクト発足。
その第一弾がこちら。

こちらは全壊してしまった「ジェーンズ邸
333
熊本最古の西洋建築物だそうです。
知らなかった~

↓全壊する前の建物はこちら

コロニア風の地上2階建ての建物で、
県の重要文化財にも指定されているそう。


111

学生さんたちの支援アイデアが
ペーパークラフト


熊本地震で全壊した「ジェーンズ邸」を
「ペーパークラフト」で作って、知って、
そして救おう! ↓ サポーター募集 ↓ 
(詳しくは上記サイト内に動画が流れていますが以下抜粋)

02
03

一枚の紙からパーツを切り出して
組み立てるアレですね。

ちなにみ全壊前の「ジェーンズ邸」の
中の様子がよくわかるサイトを見つけました。

http://4travel.jp/travelogue/10660121

「熊本初の洋風建築と日本赤十字発祥の地
 熊本洋学校教師ジェーンズ邸」


こうした中の様子を思い浮かべながら
ペーパークラフト
組み立ててみてもいいかも~♪

それにしても、
どうしてペーパークラフトなのか?

上記サイトにも書かれてますが

「被災文化財を知ってもらうため何か探していました。
 そんなときに大学の環境共生学部の佐藤研究室が
 ペーパークラフトを制作していることを知り、

 ペーパークラフトで被災文化財を作ったら
 若い人でも興味が湧き、さらに知りたくなるのではないか?」

「実際に作ってみて
 ジェーンズ邸に煙突がある事や
 建物の構造を学ぶことができ、
 外観の美しさにも再度感動しました」

とのこと。

また、この「ジェーンズ先生」という方も
なかなか魅力的な先生だったようで…
janes_quote
 ジェーンズの教え
人の上に立って指図する人間になるな、

 人の下で人を支え幸せにしなさい

ジェーンズとは、

熊本の洋学校教師であり
熊本の文明開化に大きく貢献した人。

ジェーンズは日本語が話せなかったので
生徒たちに英語だけで洋学を教えた。

ジェーンズは日本で初めて男女共学を行った。
 

ジェーンズが熊本に来た頃、
熊本人は塩分を取りすぎていたので
ジェーンズは味付けをしなくてもおいしい
西洋野菜の作り方を教えた。

などなど…(^^ゞ

詳しくは彼らのプロジェクトサイトをご覧ください。
熊本地震で全壊した「ジェーンズ邸」を
「ペーパークラフト」で作って、知って、
そして救おう! ↓ サポーター募集 ↓ 
まずは知っていただければ幸いです。

クラウンドファンディング内容は 
目標金額 ¥600,000

支援は4コース:
3,000円/5,000円/10,000円/50,000円

シリアルナンバー入りの
ジェーンズ邸のペーパークラフトが届くそう。

5,000円以上は「手作り!キーホルダー」や
「手作り!ジェーンズのパズルコースター」
もついてくるのですが、

熊本の木(おそらく五木村の木!?)
を使って 、学生さんたちが
一つ一つ手作りするそうです。
*五木村も絵筆でお手伝いしている村です
 
残り46日(2017年3月15日時点)

松葉杖をついてトークイベント@ヤフー おかげで東京メトロ克服できました

昨年末の地下鉄の事故以来
「トラウマで乗れないのではないか…」
とドキドキしていた東京メトロ。

昨日、ヤフー本社(紀尾井町)にある
コーワーキングスペースLODGEでの
トークイベントのため、退院後初めて
地下鉄に乗らなければいけなかったのですが

乗れました!

写真 2017-03-01 14 58 55

何を大げさなと言われそうですが
ケガした左脚に急な負荷をかけられないってこともあり
「あの急停止に遭遇したらどうしよう」と
なんだか暗い気持ちが押し寄せてきちゃって

じつはお友達に往復付き沿ってもらいました。

おかげで、おしゃべりしていたらスルッとクリア!

赤坂見附に着いたときは嬉しくて
写真まで撮ってるくらい♪
大変、お騒がせしました(^^ゞ

写真 2017-03-01 14 30 20

ちなみにドキドキしながら改札を通ろうとしたら
いきなり道を閉ざされ「?」と見たら
「出場記録がありません」の文字。。。

そりゃそうだ(T_T)救急車で出たのだから…

記念に撮影してみました。

この後、駅員さんにICカードを渡したら
「だいぶ乗ってらっしゃらないみたいですね~」と言われ、
「事故の記録まで引き出せたら!!!」と
思わず唸ってしまいました。


1

イベントの様子は弊社サイトに載せてます
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=437

退院して1週間、なんとかお粥から卒業しました、、、

退院してから、全身蕁麻疹だの
下痢だの吐き気だの激しい頭痛だので
二度も点滴を打ちに大学病院に舞い戻り
結局1週間も寝込んでしまいましたが、

一昨日ぐらいからお粥生活を卒業。
まだ本調子とは言い切れませんが
普段の生活に戻ってきました〜(@_@)

(※写真のお粥は、
先日わたしが頼んだお粥を買い忘れ
そのまま沖縄出張へ飛んでった家人が、
ちょっと反省して?買ってきたお粥デス)

2017-02-20-18-27-51


しっかし、せっかく
リハビリ強度を上げるために退院したのに
1日3回のトレーニングメニューも
両松葉での外歩きもできずにいたので
早速、回復とともに一昨日から外出。

2017-02-15-15-10-59

実家へ母の顔を見に行ったり、
幼なじみにお見舞いのお礼に寄ったり、
通院も始まって初めて都バスに乗ったり、
入院前に行くはずだった歯医者に行ったり、
近所のショッピングモールを歩いてみたり、
本屋で立ち読みしてみたり、

あれ!?入院していた2ヶ月の間に
中華屋さんが、ゴーゴーカレーに変わってる!
なんて発見もあったり
金沢で食べてからお気に入りです(^^))

image

今朝もマンションのエレベーターが
定期点検で止まっちゃうというので、
その前に家を出て 余計に歩いてから
2つの病院をかけもちして、、、

image

と、また歩ける嬉しさでウキウキ
松葉杖での歩行練習を始めてみたのですがーーーー

毎日夕方自宅に戻ると、もう、ぐったり(o_o)

脚は丸太ん棒みたいに腫れて曲がらなくなり
ソファに座ったらさいご動けない。
まぶた重くて、身体も重くて、そのまま撃沈。
まるで朝から山登りして、
夕方山小屋にたどり着いてカレー食べたら
途端に疲れがどっと出て
ぶっ倒れるように眠っちゃうあの感覚…。

ということで、またもメールの返信が途絶えたり
遅れたりして本当にすみません(TT)

今日リハビリの先生に
「それが、体力が落ちた、という状態です」
「入院生活が2ヶ月もあったから当然です」
と言われて、自分の身体能力をかなり
過大評価していたと思い知らされました。

「入院していると、いくら外でリハビリしても
日常生活ほどの運動量は無い」
「だから普通はなるべく早く退院したほうがいいんだけど」
「田中さんの怪我は
6週間は脚をついてはいけないものだからしょうがない」
「二ヶ月も入院してた分、体力が落ちている」
「今の田中さんの体力は70歳、80歳レベルかも」
「だから疲れて当然ですよ」とのことでした。

そうだったのかあ…(°_°)

上げ膳据え膳の入院生活と引き換えに
体力がこれほどまで落ちていたとは…
こわいわあ…。身をもって知りました。

今の自分の回復レベルを思い知って
病院を出たときは
「寄り道しないでまっすぐ帰ろう!」

2017-02-24-15-30-50

と、思ったのですが…
つい、あのマルエツをのぞいてしまい
両松葉で初めてのおつかい(^^)

ちなみに写真に写っているカゴは
キッズ専用のミニサイズ。
これなら持てるし買いすぎない!

本当はキャベツもみかんも
買いたかったけど、
今日のところは我慢しました。

2017-02-24-15-37-58

疲労度合いを左右するのは、
歩く時間と距離だけでなく、
リュックの重量もまた大きな要因
と思い知ったので…。

少しは今の自分の弱体っぷりを
自覚してるでしょ(^-^;

無事、退院…とはいかず( ̄▽ ̄)

無事、退院した?
退院祝いをしよー
と連絡を頂いているのに返事できてなくてすみません。
1つ1つ連絡するのに時間がかかりそうなのでこちらから。
まだ頭痛がおさまらないものの、
ようやく少し体を起こせるようになりました。

2月15日(水)予定通り退院したのですがーーー
その夜から下痢と吐き気と生まれて初めて全身に蕁麻疹が出て(@_@)
蕁麻疹なんて経験したことなかったので本当にびっくり。
喉の中まで蕁麻疹が広がってくる恐怖…

16(木)朝8:30から
昨年救急車で運ばれた大学病院に再びお世話に。
あ、今回はタクシーで。
両松葉のフラフラな患者を見るに見かねてか
ドアマンの方が車椅子を用意してくれてその後ヘルパーさんつきっきり。
皮膚科は予約でいっぱいで診てもらえなかったです。
横になりたいのに車椅子で待たされたので
車椅子の上でミイラみたいにぐったり崩れてたから
きっと周りの人たちはドン引きしてたと思う。

ようやく11:00に診てもらえた消化器内科の先生に処方されて
点滴を打ってもらって終わったのが15:00ごろ?
蕁麻疹が消えてホッとしつつも
だるくて眠気がひどく起き上がれず。
「もうしばらく寝てますか」
の言葉に甘えていたら17:30?頃に
「もうみんな帰ってますよ、そろそろ起きて」
と、いつまで寝てんのよという圧を感じつつ
起こされるも目が開かない…(-_-)

車椅子で会計まで連れて行かれた後も
だるくて眠くて歩けないので
そのまま病院一階のタリーズのテーブルと椅子に
つっぷして気づきたら20:00まで寝てました。
薬を取りに行く気力なくタクシーで帰宅。

本当は松葉杖で歩くリハビリメニューをこなさないといけないのに
この日は全く歩いていない。
膝が固まっちゃうよーどうしよーと思うけど
眠気とだるさでバタンキュー。

17(金)朝、夫に頼んだお粥は見当たらず、
野菜室は二ヶ月前の状態でうんざりしつつ、
少し気分良くなったかなと思って薬局まで薬を取りに行ったものの
今度は吐き気と胃痛と頭痛でフラフラ。
結局昼から次の日の朝まで全くトイレにも起きず爆睡。

18(土)に大学病院に再訪。
消化器内科の先生に頭痛と吐き気が止まらないと訴えても
血液検査しても菌もウイルスも見当たらないから
点滴を今日も打って様子みようかとのこと。
皮膚科の先生にも、蕁麻疹って一過性のものが多くて
原因って特定できないんですよね〜。
と暖簾に腕押し状態の返事。

結局、点滴を2時間打って、
院内を今回は両松葉で歩いたのでリハビリメニューはクリア。
頭痛が治ればと期待して帰ってきましたが

なんてことか、さらに頭痛が頭痛が頭痛が頭痛が
ズキーンキュイーンドクドクドキンドキン…✴︎☆▽✖︎(@_@)

2時間おきに起きては氷枕を変えていたら朝になってました。

まだ油断できない腹痛、胃痛、頭痛を感じてますが
なんとか起きてます。
明日のリハビリ通院までには治したいー。

ということで、退院祝いと宅急便を送ってくださった方も何人かいらっしゃるようで
本当にすみません!ありがとうございます。
ただ両松葉では両手で持ち上げることもできないどころか
玄関にまで行けてなくてでして。本当にすみません!

皮膚科の先生にはその日、診てもらえないから
写真を撮っておいてと言われた…
そんなことってあるのね…。
消化器内科の先生は「湿疹だな」と言ったけど
皮膚科の先生は写真をチラ見するだけで
「蕁麻疹ですね」と言っていた。
「蕁麻疹と湿疹ってどう違うんですか?」
と質問したはずだけど、その説明を全く聞いてなかったみたいで、記憶に無い…。

入院絵日記30 「走れるのは6月から」に凹んだ、の巻

週末から本格的に
病院の外でリハビリ。
念願のマルエツを制覇して、
今日は、日向の道を辿って
隅田川まで行けました!


ただ、調子に乗って歩いたせいか
疲れ果ててベッドでグッタリ。

リハビリの先生には
「家に帰ったらも〜っと疲れるよ」
と言われて退院がやや憂鬱に…。
上げ膳据え膳の日々ともお別れかあ。

2017-02-13-10-34-21

さらに3月末には松葉杖が外れる
=完全復活と思っていたら、
「走れるのは6月から」と言われ
トリプルパンチで凹みました。

前の絵日記で整形外科は
日薬で有り難いと書いたそばから…( ̄▽ ̄)

2017-02-12-10-32-02


でも、普通なら10分もかからない道を、
30分もかけて
松葉杖で歩いているおかげで、

立ち止まるたびに 
空を見上げては
太陽の角度に敏感になって



木々の芽吹きが
目に入ってきて。



松葉杖をついていなかったら
隅田川をこんなにのんびり
眺めて歩いたりすることもなかった!



この階段は、まだ降りれないけど…
そんな道の遠さもまた大事な感覚。


公園を、こんなにちゃんと大事に見て
歩けるようにもなりました。

2017-02-13-09-52-38

影まで愛おしくなるのも
松葉杖のおかげー❣️

一休み…

街路樹の一つ一つの個性まで
目に入るようになりました。


病院の窓から見えていた通り。
↓ 緑の屋根がマルエツです(o^^o)


☆新着☆
月別
最新コメント
●ゆに(^o^ )●
職業:グラフィックファシリテーター
趣味:よそ見 より道
blogPHOTO
  • まだ正座はできないけど、リハビリ通院は5か月で卒業
  • まだ正座はできないけど、リハビリ通院は5か月で卒業
  • まだ正座はできないけど、リハビリ通院は5か月で卒業
  • まだ正座はできないけど、リハビリ通院は5か月で卒業
  • まだ正座はできないけど、リハビリ通院は5か月で卒業
  • まだ正座はできないけど、リハビリ通院は5か月で卒業
  • T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!
  • T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!
  • T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!
  • T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!
  • T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!
  • T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!
  • T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!
  • T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!
  • T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!
  • T字杖に移行!松葉杖のおかげでありがとういっぱい!
  • デコ、ボコ、がいいチームをつくる(*^^*)
  • デコ、ボコ、がいいチームをつくる(*^^*)
  • デコ、ボコ、がいいチームをつくる(*^^*)
  • デコ、ボコ、がいいチームをつくる(*^^*)
  • デコ、ボコ、がいいチームをつくる(*^^*)
  • デコ、ボコ、がいいチームをつくる(*^^*)
  • デコ、ボコ、がいいチームをつくる(*^^*)
  • デコ、ボコ、がいいチームをつくる(*^^*)
  • 誕生日の日にGF復帰第一弾という なんとも嬉しいプレゼント
  • 誕生日の日にGF復帰第一弾という なんとも嬉しいプレゼント
  • 東京地下鉄メトロ門前仲町駅の駅長さんに、思いをまとめた手紙を手渡してきたのですが…
  • 東京地下鉄メトロ門前仲町駅の駅長さんに、思いをまとめた手紙を手渡してきたのですが…
  • 東京地下鉄メトロ門前仲町駅の駅長さんに、思いをまとめた手紙を手渡してきたのですが…
  • 東京地下鉄メトロ門前仲町駅の駅長さんに、思いをまとめた手紙を手渡してきたのですが…
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ